上の山亭

上の山亭−五目らーめん
五目らーめん 780円
五目ラーメン系
「麺も具もボリューム満点!のガッツリな一杯!」
コッテリ:◎◎○○○(じんわり塩の旨味広がるサッパリスープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(柔らか茹で加減のストレート中太麺)
量の多さ:■■■■■(麺量多い。炒めた野菜、チャーシューほか)
おすすめ:アッサリ、ガッツリ、ガテン、人気店、お手軽、ぶらり、軽呑み、ファミリー
住所:下田市柿崎645−11
TEL:0558−22−1803
営業時間:11:00〜15:00
     17:00〜22:00(平日夏期)
     17:00〜21:00(平日冬期)
     11:00〜21:00(土日)
休日:木曜
駐車場:あり
座席:カウンター5 座敷あり
禁煙:喫煙可
出前:不明
URL:なし
雰囲気:子連れ○ カップル○
最寄り駅:なし


私の住む三島も一応伊豆に属するようですが、ここ下田は三島からだと距離は大したことないのですが、
行くのに結構時間が掛かる、私のイメージでは近いようで遠い街です。
伊豆には多くの観光地があり、下田市もそんな一つかと思いますが、伊豆人の私でも特に夏場の白浜は目の保養になります。その時期の物価や駐車料金の異常な高さには閉口しますが。。
今日はそんな下田にある、上の山亭に突撃してみました。
お店はラーメン専門店ではなく、食堂になるのでしょうか。
入ってすぐ右手には生け簀があって、活き活きとした伊豆の魚たちを見ることが出来ます。
お店は基本的には小上がり中心でファミリー・団体利用をメインとしているようですが、若干席カウンターがあります。
メニューを見ると、やはり魚介を売りにしたお刺身や焼き物が中心で、そのなかにいくつかの麺メニューがあります。
お店に入る前、駐車場のでっかい看板には「伊勢海老らーめん」や「磯香らーめん」とあり、実はそれを目的に突撃したのですが、値段を見ると観光地価格だったので躊躇してしまい、他のメニューに目をやると、地元一番人気と書かれた「五目ラーメン」にピーンと来たので、それを注文してみました。
日曜日の夜のためか、地元の方と思しきご夫婦や家族連れのお客さんがひっきりなしに出入りしており、人気の高さが伺えます。
厨房や配膳・注文をするおばちゃんも常に忙しそうです。
で、ラーメン。
白く濁ったスープは、ジンワリと塩の旨味広がる、清湯系のサッパリとしたもの。
炒めた野菜から出た旨味も感じられます。
麺は柔らかく茹で上げられた、ストレート中太麺。麺量も多めです。
具材は炒めた白菜、モヤシ、豚肉。やや厚切りのバラチャーシュー・ナルト・かまぼこ・煮玉子。
炒め野菜が結構ボリュームがあり、お腹いっぱいになります。
ちなみにお店に入る前から注文するつもりだった「磯香らーめん」は、蟹が乗ってかなりボリュームがあるようです。それが注文を躊躇したイチバンの理由ですが、今回食べた五目らーめんもかなり満足する量がありました。
実は2軒行くつもりだったんですが、満足して家路につきました。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. 三島のなべちゃん より:

    いいですね五目そば♪
    ラーメン専門店だとまず食べられませんよね
    関西方面もしくは店主が関西出身のお店だと
    五目を頼むと醤油味の広東麺が出てくることありますが
    画像のような野菜たっぷりのがたまに食べたくなる。
    下田かぁちょっと遠いなぁ(-_-)
    私、10年くらい前までバイク小僧?だったので
    下田と言うと、とんかつの一(はじめ)思い出してしまいます。
    あそこは恐ろしいところです(T_T) 走れませんよ食べた後

  2. >三島のなべちゃんさん
    そうですね、昔ながらのラーメン屋さんでしか食べられないんですよね。
    私も久しぶりの「五目そば」だったので、タンメンと違ってずいぶんアッサリしてて、一瞬面食らいました。
    そうそう、醤油味の五目もありますよね。
    こっちはさらにニッチで、私も数えるくらいしか食べたこと無いです。
    たまに食べた五目は、えらくほっとさせられる味でした。

コメントを投稿する

© 2005 - 2009 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」