中国料理 新小林 / 坦々麺にも似た、アッサリクリーミーな味噌ラーメン

新小林−開国ラーメン
開国ラーメン 750円
オリジナル系

コッテリ:◎◎◎○○(アッサリだけど辛〜い味噌ベースのスープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(加水少なめストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。炒め野菜に白髪ネギほか)
おすすめ:コッサリ,ガッツリ,濃い味,ピリ辛,自家製麺,中華,人気店,老舗,安い,ぶらり,軽呑み,出前,友人同僚

住所:静岡県下田市三丁目4−12
TEL:0558−22−0457
営業時間:11:30〜14:30
     16:00〜22:00
休日:水曜
駐車場:3
座席:テーブル2x1,4x3,6x2ほか
禁煙:喫煙可
出前:あり
URL:http://www.shimoda-ryouin.jp/shinkobayashi/index.shtml
雰囲気:子連れ○ カップル○
最寄り駅:いずきゅうしもだ


「麺たかはし」を後にして、次なるお店を地図を元に目指すものの、iタウンページ情報が古いためにお店が見当たらず。実はその目指したお店は別の場所に移転しており、しかも既に突撃済み!(^^;
仕方なく別のお店を目指すものの、今度は長期休業中の張り紙。。
で、最後にたどり着いたのがこちらのお店。駅近くにも支店を持つ、新小林さんです。
名前がなんか凄いですよね、小林じゃなくて、「新」小林なんです。
どうして「新」がつくんでしょうね。うっかり聞くのを忘れてました・・
こちらのお店は屋号にもあるとおり、中国料理のお店。
お店の雰囲気もそれに倣うように、中国テイストがビンビン感じられます。
カウンターなんてありません!(^^)
店員さんに促されるようにテーブル席に座ります。
店外に写真付きのメニューがあり、事前にそれを見てメニューを決めていました。
で、オーダーは下田らしいネーミングの「開国ラーメン」。
ちなみにこちらのお店はどうやら出前が人気のようで、店内にはお客さんが居ないものの、注文から到着までの間、お店の方が何度か岡持ちを持って配達に向かっていました。
流石支店を持つだけあって、人気みたいですね。
んで、ラーメン。
坦々麺スープにも見えますが、実際の味わいも似た感じ。
味噌をベースに隠し味として生クリームを入れているとの事。唐辛子由来の辛味があったり、生クリームをスープと共に一旦煮立たせているようで、たんぱく質が凝固してゴマのような風味に変わっています。
なので、かなり坦々麺に近い味わいがありますが、若干生クリームの香りが立っているので、なんとなく洋風な感じもします。そこがひょっとして「開国」のポイントとか?
麺は加水少なくドライな舌触りのストレート細麺。
ちょっとこのコッテリのようなアッサリのような濃い味わいのスープだと麺が負けちゃっているように感じました。
具材は中華系の数種の野菜と豚コマ肉を炒めたものに、白髪ネギが乗っています。
この野菜が結構量が多くて食べ応えがありますね。
事前にお店の方に軽く説明してもらっていたので中身に付いては驚きは無かったのですが、唯一驚いたのは「量」!
結構食べ応えがありました(^^;

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 3件

  1. 裕治伯爵 より:

    次郎長さん!あ、かなり高橋さんでしたね(笑い)
    何と、新小林さんが登場ですね。実は、ここの・・・かた焼きそばが大好きで、何度が食べた事が有ります。裕治伯爵的には、それをお勧めしちゃいたいです。(あ、ラーメンでは無いですね)今回、下田に来られたって事は・・・あの店が出ないか楽しみにしてます。

  2. 下田の中華と言ったら新小林(しんこば)でしょう。
    私は15年程前に3年間、下田に住んでいました。
    地元でラーメンというとここでしたね。
    地元の味です。
    言ってみれば、三島の鈴福、沼津の豚平みたいなもので、美味いマズイじゃなかったですねえ。
    このみせでは、ラーメンよりも定食を食って帰った覚えが強いです。
    私は最近は、いまさらのように田ぶしのラーメンに嵌っています。

  3. >裕治伯爵さん
    へぇ、このお店ご存知でしたか!流石です!
    かた焼きそばメニューにあったんですね。気付きませんでした(^^;
    >らいおんきんぐさん
    へぇ、そうだったんですか。仰るとおり、お店は特に出前が人気のようで、ひっきりなしに配達に駆け回っておられるようでしたよ。

コメントを投稿する

© 2005 - 2009 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」