麺行使 伊駄天 カップラーメン

伊駄天カップ1
醤油らー麺 298円
魚介系
「味は別物だけど、雰囲気は良く出てます!」
コッテリ:◎○○○○(魚介の旨味がギュギュっと詰まった醤油スープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(十勝新津製麺謹製のややウェーブした太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。煮豚・メンマ・乾燥ネギ・海苔)
おすすめ:アッサリ、ガテン、ワイルド、濃い味、上品、オリジナル、人気店
県内のサークルK・サンクスで発売中。


静岡県を代表する数多くのお店の中でも、無化調なのに強烈インパクトを持った味わいでマニアの舌を魅了し続ける藤枝の名店の名を冠したカップラーメンが発売されました。
お店の名は、「麺行使 伊駄天」。
遅ればせながら私もサークルKで入手。早速食べてみました。
販売者はサークルK・サンクスのご当地シリーズではお馴染みの、十勝新津製麺。
インスタント系では群を抜いてリアルな麺をウリとした会社です。
では早速開けてみましょう!
伊駄天カップ2
パッケージの中身は、濃縮スープ・調味油・レトルト具材・乾燥ネギ・海苔に麺の5点。
麺がとても太いので、鍋で沸騰させた湯を沸かします。
で、完成したのがこちら。
伊駄天カップ3
具材が寂しい感じがしないでもありませんが、とりあえず立ち上る魚介の香りに食欲を刺激されたので、いそいそとまずはスープから食べ始めます。
お店の同メニューは、魚介系食材をふんだんに使い、エグミを感じるギリギリまで旨味を絞り出していますが、そんな雰囲気をこのカップスープからも感じます。
インスタントなんであんまり深みや複雑さはありませんが、それでも魚介のパンチある味わいは印象付けるには十分ではないでしょうか。
ただ、屋号とメニュー名から同じものを想像して食べると肩透かしを食らいますし、それを差し引いて食べるとごく普通の魚介系ラーメンでとにかく普通なので、微妙な感じではあります。
麺は僅かにウェーブしつつ捻れており、太さも若干ランダム気味の凝った作りの中太麺。
残念ながら麺ばかりはお店で提供されているあのスベスベとしたものとは違い、乾燥麺特有のザラっとしたもの。
これが一番お店と違う味を印象づけてしまうところでしょうか。
但し、屋号抜きで考えると、カップ麺としては異色の出来と言わざるを得ません。十勝新津製麺らしい、リアルな麺ですね。
具材はレトルトの煮豚とメンマ・乾燥ネギに海苔。
なにより残念なのがこの具材。開発の痕跡が全く感じられず、出来合いのものを乗せただけのように思いました。
お店のメニューとは遠いかな・・とは思います。
しかし、雰囲気や方向性はよく出来ていると思います。
そういう意味で、この手の味がお好きでまだこのお店のラーメンを食べたことがない方は、是非お店に足を運んでみてください。
きっと味に関してはカップラーメン以上に満足いただけると思います。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2009 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」