めんりすと

めんりすと−と・り・ぶ・し
と・り・ぶ・し 900円
鶏白湯系
「類を見ない魚粉入りマー油がメッチャ香ばしい、鶏白湯ラーメン!」
コッテリ:◎◎◎○○(独創的なマー油をかけた、マイルドかつミルキーな鶏白湯スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(全粒粉入りややウェーブしたストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。焼き目入り巻きバラチャーシュー・鶏チャーシューほか)
おすすめ:必食 コッサリ スッキリ 無化調 穴場 ファミリー モダン 女性一人 限定
住所:静岡県三島市梅名108−2
TEL:055−977−8555
営業時間:11:30〜14:00
     18:00〜21:00(平日)
     17:30〜21:00(土日祝)
休日:火曜
駐車場:11
座席:カウンター6 テーブル16
禁煙:全席禁煙
出前:なし
URL:めんりすと
雰囲気:子連れ○ カップル○
最寄り駅:だいば


珍しく、同じお店で2杯目。
ご存知の方も多いでしょうが、こちらのお店では2系統のスープを用意しており、淡麗系と鶏白湯系があります。
1杯目に食べたのはその淡麗系をベースに柚子を、そして2杯目に食べたこの「と・り・ぶ・し」は鶏白湯系をベースにマー油を掛けたものになるようです。
洗練されたアッサリ上品なスープが得意なこちらのお店が作る「マー油」とは、一体どんなものなのか?
興味シンシンでラーメンの到着を待ち続けました。
うっすら茶濁したスープは、シンプルに鶏の旨味を封じ込めた、マイルドでややミルキーな舌触りの鶏白湯スープ。他のお店が野菜や米を使って濃度感を出すのに対し、こちらのスープはそういった演出をしていないのか、軽やかでスッキリとした味わいになっています。
それだけなら通常メニューと同じなんですが、これには真っ黒いマー油が浮かびます。
このマー油。通常はニンニクをじっくり焦げるまで油で揚げていって作るのですが、それに魚粉がミックスされており、ニンニクの香りや苦味の他に、魚粉の旨味もプラスされていて、ちょっと他では味わった事の無い不思議な風味に仕上がっていました。
しかもこれがこの鶏白湯スープに良くマッチしており、”パンチ”とまではいかないものの、”力強さ”を演出するのには十分な役者になっていました。
好きな人はもう少し多めにマー油を入れてもらうと、よりワイルドな味わいになっていいかもしれません。
麺は意外にもややウェーブしたストレート細麺。
ザラツキや粘度の低いスープにも負けない食べ応えがありますね。
しかし、この麺は柔らかいほうが旨いのかもしれませんが、スープの素性を鑑みるに”パツン”とした歯応えを持つような硬質な麺のほうが合うように思いました。
具材は他のメニュー同様、焼き目をつけた巻きバラチャーシュー、鶏チャーシュー、柔らかメンマ、半熟味付け玉子、ネギ・水菜・海苔です。
今回は連続して2杯食べましたが、個人的にはこちらの「と・り・ぶ・し」が美味しかったです。
なかでもこの魚粉入りマー油がスープによくマッチしていました。後半このマー油がスープに溶け込むのですが、ニンニク風味だけが残り、魚粉の風味が無くなり、変わりにスパイシーさが出てきたのには、ドラマを感じましたね。
なんか久しぶりに来たら、どちらのラーメンにもビックリさせられました。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2009 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」