支那そば 与志富

与志富−手打支那そば
手打支那そば 650円
中華そば系
「独特のスパイシーな中華スープにコシの強い自家製麺が泳ぐ」
コッテリ:◎◎○○○(スパイシーで醤油味の強い中華スープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(コシの強いモッチリとした食感の中太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。紅色に染まったチャーシュー他)
おすすめ:アッサリ、濃い味、自家製麺、深夜、お手軽、軽呑み、ファミリー、
     中華、炒め物
住所:静岡県伊豆の国市御門69−3
TEL:0558−76−3785
営業時間:11:00〜14:00
     17:30〜22:00
休日:金曜
駐車場:5
座席:カウンター8 座敷18
禁煙:喫煙可
出前:不明
URL:なし
雰囲気:子連れ○ カップル○
最寄り駅:たきょう


伊豆に向かう国道といえば、414号線とこのお店が面している
136号線があります。
私が伊豆に向かうときは大概136号線を使い、このお店の前を
いつも通っていたんです。
ブログを始める前は何度か食べたのですが、始めて以降は
いつか行くだろうと思って逆にスルーしていたのがこちらのお店。
つい先日のOFF会でもこのお店の話が出たり、
そもそも伊豆長岡にある同名店とはどういう関係なのか??というのも
気になって突撃してみました。
車ではやや出入りしにくい場所ですが、国道に面しているという
好立地からか、店内は3組のファミリーで賑わっていました。
カウンターに座り、後ろのメニューを見ると、このお店は自家製麺で
やっているみたいで、中でも今回食べた「手打支那そば」は
さらにプレミアムな麺を使っている感じがしたので、
それを注文しちゃいました。
ご主人と奥様、バイトの女の子3人でお店は切り盛りしており、
ラーメンは奥様が担当、炒め物系はご主人が腕を揮っていました。
んで、ラーメン。
やや濃い醤油色に染まったスープを一口啜ってみます。
事前にギャバンの筒を丼に振っていたのを見ていて、
あぁコショウを振ってるのか・・って思っていたら、
どうも違うらしく、なんか独特なスパイシーな味わいがスープに溶けています。
辛いような酸っぱいような、不思議な味わい。でも、
ベースとなるスープは鶏や豚といった軽めの動物系。
やや醤油も強めに効いていて、懐かしくもちょっと珍しい味わいですね。
麺はやや硬めに茹で上げられた、コシの強い自家製中太麺。
ややウェーブしており、モッチリとした食感も特徴的ですね。
具材は周りが紅色に染まったバラチャーシュー、
海苔、メンマ・ナルト、ネギ。
忙しそうな調理風景が旨い料理を期待させる、
街で人気の中華料理店、といった感じのお店でした。
ところで伊豆長岡にも同名店がありますが、何か関係あるんでしょうか?
どちらも自家製麺だったりしますし・・

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 6件

  1. いかちゃん より:

    長岡店とは兄弟店です
    たしか大仁店が弟だと記憶していますが・・・

  2. 次郎長 より:

    >いかちゃん
    やっぱそうでしたか!
    どちらも自家製麺でやられるなんて、頑張ってますよね〜!

  3. 中華そば美味しそうですねぇ
    あっさり系好きですけどスパイシーな醤油って気になりますね(^^)

  4. 次郎長 より:

    >ラーメン大好きさん
    初めまして、コメントありがとうございます。
    そうなんです、なーんか不思議なスパイシーな
    味わいがあるんです。ちょっと酸っぱい感じも。

  5. スパイシーな上酸っぱいんですか・・・
    ちょっと想像がつかないですね(^_^;)
    食べてみたいですね〜

  6. 次郎長 より:

    >ラーメン大好きさん
    うーん、私も例えるものを考えてみましたが・・・
    無いです!(笑)

コメントを投稿する

© 2005 - 2009 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」