萬珍軒

萬珍軒−ラーメン
ラーメン 500円
中華そば系
「火曜日のみ食べられる、貴重な貴重なラーメン店!」
コッテリ:◎◎○○○(タレの旨味が前に出たクラシカルな中華スープ)
麺の太さ:◆◆◆◆◇(プルルン食感の手もみ縮れ中太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。モモチャーシュー・メンマほか)
おすすめ:アッサリ、濃い味、老舗、自家製麺、安い、お手軽、ほんわか、
     ぶらり、軽呑み、ファミリー
住所:静岡県伊豆の国市南江間732
TEL:055−948−3829
営業時間:昼・夜
休日:日曜〜月曜・水曜〜土曜
駐車場:9
座席:カウンター10 座敷8
禁煙:喫煙可
出前:なし
URL:なし
雰囲気:子連れ○ カップル○
最寄り駅:にらやま


やっと突撃してきました!
東部、いや静岡県下でも大変珍しい、火曜日だけオープンする
昔ながらのラーメン店である、「萬珍軒」。
事前に突撃された方々のコメントから情報は得ていたものの、
19時に閉まってしまうという敷居の高さから何度も振られて、
今日はギリギリ間に合うことが出来ました。
電気が灯ってはいるものの、入り口が道路とは反対側にあるため、
一見するとやっていないようにも見えます。
恐る恐るダメもとで引き戸を開けて厨房に声を掛けると未だ大丈夫とのこと。
ホッとしながら突撃し、店内を見回すと年配のお客さんがビールを片手に
談笑していました。
BGMがないのでやや緊張しますが、年季の入った店内や
カウンターに囲まれた広々とした厨房でゆっくりと作業する初老のご夫婦が
ゆったりとした空気を醸し出していました。
大きなL字のカウンター端からセルフで水を汲み、
再び入り口近くのカウンターに座ります。
オーダーはラーメン。
他に味噌やニンニクの入ったスタミナラーメン、餃子もありました。
オーダーが入るごとにご主人が麺を丹念に揉みこんでいます。
今時のラーメン店ではあまり見られない、懐かしい光景ですね。
茹で上がりも非常に早く、程なくしてラーメン到着!
事前情報によると全ての材料がお隣に建つ姉妹店、
「麺処 萬福軒」と同一との事で、今これを書きながら見比べてみると、
スープ表面には若干多く動物油が浮き、スープ自体も醤油ダレが多いのか、
黒く見えます。
その印象どおり、豚や鶏といった動物の風味とやや強めに効いた醤油ダレの
旨味が強く感じられる、昔ながらの中華スープ。
個人的にはこのちょっと濃い目の味付けの方がいいように思いました。
麺はよく揉みこまれた自家製手もみ縮れ中太麺。
平打ち麺といってもいいくらい潰れていますが、
そのお陰で手もみ麺独特のランダムなコシが出ています。
濃い目のスープにもマッチしており、ウンマイです!
具材は注文の都度切り落とす、厚切りモモチャーシューにメンマ・ネギ・海苔。
「麺処 萬福軒」もそうですが、この一杯が今時500円ですからね。
この界隈に伝わる王道的な中華そばが好きな方にはたまらないでしょうね。
ラーメンもお店の雰囲気も、とっても味わい深いお店でした。
『素人ダメ舌次郎長による超個人的ボヤキ』
今時この手もみ麺はとっても珍しく、
クラシカルな味わいのスープも手伝って、
懐かしさに包まれる味わいでした。
是非味噌も食べてみたいです!
ていうか、閉店間際で遠慮した、餃子も!(^^;

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. naminaminami より:

    行ってきましたよ。
    いやぁー雰囲気抜群。ほのぼのとしていいなぁ~。
    ラーメンやチャーハンの味もほのぼの。
    店舗の外観と店内のミスマッチが良いですね。

    意外とチャーハンが絶品です。

  2. B69 より:

    残念ながら廃業しました。(「隣の店」は営業しています。)

コメントを投稿する

© 2005 - 2009 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」