麺屋 才蔵

才蔵−鶏と鯛のしおらーめん
鶏と鯛のしおらーめん 500円
淡麗系
「鶏と鯛の旨味がギュギュッと詰まった絶品スープ」
コッテリ:◎○○○○(鶏と鯛の淡麗で奥深い味わいが魅力的!)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(しなやかな腰を持つストレート細麺)
量の多さ:■■□□□(麺量やや少なめ。柔らかバラチャーシューに水菜ほか)
おすすめ:必食、アッサリ、スッキリ、はんなり、オリジナル、人気店、
     モダン、チャーシュー


遅くなりましたが、静岡ラーメンフェスタの様子をレポートしちゃいます!
静岡を代表するお店が一同に介してラーメンが楽しめる、ラーメンフェスタ。
まず最初に食べたお店は静岡中部は焼津で気を吐いている、「麺屋 才蔵」。
静岡でも最近ではあちこちで食べる事が出来る「淡麗系」と呼ばれる
出汁の旨味を活かしたあっさりとしたスープが信条のお店です。
今回はこのフェスタの為にお店では提供されていないメニューを引っさげて
やってきました。
その名も、「鶏と鯛のしおらーめん」
通常のメニューも勿論魅力的な味わいですが、
昨今限定と称するメニューで多用される「鯛」を使ってくるあたり、
流行に敏感な店主らしさが表れていますね。
早速スープを啜ります。。
やや多めに張られた鶏油が芳醇な香りを放つ、黄金に透き通ったスープ。
一口スープを口に運ぶと、軽やかながら味わい深い鶏と鯛の旨味が
口の中を駆け巡ります。
「旨い!」シンプルなその一言が先ず頭に浮かびました。
臭みは皆無でただただ旨味のみがジンワリと、しかも軽やかに踊るこの味わいは、
欠点が全く見当たりません。
麺はいつものストレート細麺。
柔らかな腰がスープをそっと優しく運んできます。
一見スープのインパクトに影を潜めてしまいそうな女房役的な麺ですが、
このスープにこの麺ありき、といった感じで、この麺だからこそスープが
活きるんでしょうね。
具材は柔らかなバラチャーシューに水菜、ネギ。
そして先着xx杯にのみ入る、半熟玉子。
どれも激ウマなんですが、でしゃばり過ぎない味付けは、
スープを主役に引きたてていました。
めっちゃめちゃ旨い一杯でした。
これ、ホントに500円でいいの??と心配になってしまいそうなくらい、
コストの掛かったスープでした。
『素人ダメ舌次郎長による超個人的ボヤキ』
もうフェスタは終わってしまいましたが、必ず抑えておきたい一杯ですね。
それか限定でもいいので、いつかお店でも食べたい一杯です。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2008 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」