静岡 大勝軒

静岡大勝軒−塩味・らーめん

塩味・らーめん 730円 (土日祝限定)
魚介動物系
「大勝軒イズムを継承しながらもユニークな新味創りも欠かさない人気店」
コッテリ:◎◎○○○(上品に魚介香るアッサリスッキリ魚介動物Wスープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(モチモチ食感のストレート中太麺)
量の多さ:■■■■□(麺量やや多め。チャーシューにメンマ・水菜・ネギ)
おすすめ:必食、アッサリ、スッキリ、はんなり、人気店、自家製麺、無化調、
     ファミリー、熱い、チャーシュー
住所:静岡県島田市金谷1029−7
TEL:0547−46−0045
営業時間:11:00〜14:00
     17:00〜20:00
休日:火曜
駐車場:13
座席:カウンター14 テーブル12
禁煙:禁煙
出前:なし
URL:なし
雰囲気:子連れ○ カップル○
最寄り駅:しんかなや


ラーメン好きな方ならきっとご存じの屋号、大勝軒。
ここ島田市にある「静岡 大勝軒」は、あの東池袋大勝軒の分店であり、
山岸イズムを静岡で唯一正統継承するお店でもあります。
地元ローカルTV番組や雑誌などで何度も取り上げられているお蔭か、
店先の駐車場は常に満車状態。
店内も年配・ガテン系を中心に賑わっていました。
メニューを見ると、大勝軒ではやっぱり外せない、
もりそば(あつもり)と中華そば。
そしてこちらのお店では土日祝限定で塩、さらに味噌も新メニューとしてありました。
中華そばにするつもりで入ったのですが、
それだと他の大勝軒との比較になってしまうので、
ここは塩らーめんをオーダーしました。
限定という言葉に誘惑されたのはナイショ・・・
店主の作業の様子を見ていると、どうやら醤油用のスープとは別に、
塩用のスープを立てているようです。
魚介の香りが鼻腔をくすぐる澄んだスープは、優しい甘みとふくよかで深い旨みを
持った、魚介と動物のダブルスープ。軽く、柔らかく、複雑な味わいが上品で、
とても大勝軒とは思えません。
味の組み立て方がなんとなく支那そばやに似ているなと思い、後で調べてみたら
店主は大勝軒の他に、支那そばやの分店でも修行経験があるようです。
どうりで似ているわけだ・・・
麺は自家製のストレート中太麺。
一般的な大勝軒と比べると細めですが、しなやかなコシとモチっとした
食感を持ち、喉越しも鮮やかでとても美味しい麺ですね。
大勝軒らしいところといえば、量が結構多い、というところでしょうか。
具材は大振りで厚切りのロースチャーシューにメンマ・ネギ・水菜。
どれも主張しない薄味仕立てで、食中のいいアクセントになっています。
いやいや美味しい一杯でした。
入る前は醤油をオーダーするつもりでしたが、
塩を選んで正解でした。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. ハートランド より:

    週末の"中部遠征?"二日目はつけ麺の元祖"大勝軒"スピリッツを継承するこのお店に決めていました!
    過去の経験をいかし早めに移動してお店を探しました。このブログとナビのおかげで無事、開店の約30分前に到着し開店を待ちました。
    開店時間と同時に入店にて私が「塩味らーめん」&「皿ワンタン」、"連れ"が「もりそば」をオーダーしました。
    どちらか大盛にしようと思いましたが、しなくて正解!とってもボリュームがありました!
    お互いにシェアして2種類の味が楽しめました!
    今回は飲めませんでしたがこちらではキリンビ−ルがいただけるようなので機会があればチャーシューや餃子をつまみに一杯やってみたいですね〜!

  2. 次郎長 より:

    >ハートランドさん
    おぉ、シャッターしちゃったんですね!すごい!
    ボリューム、ありますよね。結構好きな味だったので、
    知らないうちに私も完食してしまいました。

コメントを投稿する

© 2005 - 2008 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」