八五郎

八五郎−中華そば

中華そば 550円
豚骨醤油系
「ラードとコッテリスープが醸し出す、豚風味漲るスープ」
コッテリ:◎◎◎◎○(ラードタップリ濃厚豚骨醤油スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(シャキっと茹で上げられた縮れ細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。チャーシュー・メンマ・ネギ他)
おすすめ:コッテリ、ガテン、ワイルド、濃い味、オリジナル、人気店、
     老舗、安い、ぶらり、軽呑み
住所:静岡県磐田市中泉1294−8
TEL:0538−37−0856
営業時間:11:30〜13:30
     18:00〜22:30(平日)
     17:00〜21:00(日曜)
休日:月曜
駐車場:10
座席:カウンター13 テーブル8
禁煙:喫煙可
出前:なし
URL:なし
雰囲気:子連れ○ カップル○
最寄り駅:いわた


一見すると昔の焼き鳥屋か、居酒屋かと思わせるほど、
こじんまりとしたラーメン店。
その実、好きな方にはたまらないスープを出す実力店。
それがここ、八五郎だ。
引き戸を開けると強面のご主人が威勢良く出迎えてくれる。
メニューに目をやると、アッサリ系の支那そば、
基本の中華そばのほかに、豚骨ラーメンやつけ麺もある。
もちろん、軽く呑めるよう、餃子やツマミ類も用意。
地元の常連さんと思しきお客様が、ラーメンと餃子を肴に
ビールを煽っている。
オーダーは中華そば。
湯気が立たず、その重さを感じさせるほど多く注がれた油から、
かなりのコッテリを予感させる。
その大量の油の正体はズシンと重く、コッテリとしたラード。
スープ自体も豚のエキスに満ち満ちており、臭みすら封じ込め、トロミ豊か。
力強い甘さと、沈むようなコク。どれもが腹に響くヘビーさ。
胡椒が強く効いているが、そのお陰でラードの重さやスープの臭みを
うまく中和している。
好きな方には堪らないスープだろう。
麺は縮れた細麺。
シャキっと茹で上げられており、長年培った腕のよさを麺を通して感じる。
具材は斜めに刃を入れたチャーシュー、メンマに海苔、ネギ。
いやぁ、パンチのあるスープでした。
パンチはあるけど甘めなのは、西部だからでしょうか。
この手のラーメンが東部にあったらどうなっちゃうんでしょうか。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2008 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」