らぁめん屋 大喜

らぁめん屋大喜−大喜らぁめん

大喜らぁめん 600円
豚骨醤油系
「クリスピーな濃厚豚骨は流石激戦区で戦った味!」
コッテリ:◎◎◎◎○(クリスピーな濃厚豚骨醤油スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(モッチリとした食感の縮れ中細麺)
量の多さ:■■■■□(麺量やや多め。白髪ネギ・モヤシ・チャーシュー他)
おすすめ:必食、コッテリ、スッキリ、ワイルド、濃い味、華やか、オリジナル、
     人気店、深夜、ぶらり
住所:静岡県浜松市東区和田町174−1
TEL:053−469−3789
営業時間:11:30〜14:30
     18:00〜23:00
休日:水曜
駐車場:15
座席:カウンター10 テーブル12
禁煙:喫煙可
出前:なし
URL:なし
雰囲気:子連れ△ カップル○
最寄り駅:てんりゅうがわ


浜松中心地からやや離れた住宅地の中にあるこちらのお店。
その場所柄からか、開店4年以上経っているにも関わらず、
ネットやマスコミでもあまり見ることの無い隠れた名店。
人気振りを示すかのような店外の行列。
厨房には100cmのフルサイズ寸胴を常時3本炊き続ける。
小さい店舗ながらも杯数多く出ていることは、想像に難くない。
自慢の豚骨スープを軸に、醤油・味噌、
そして浜しおを新たにラインナップ。
初突撃であったため、基本の醤油である大喜らぁめんをオーダー。
揚げネギや揚げニンニクが振られたスープは、
舌や喉にザラつきを残す、クリスピーな豚骨スープ。
背脂から抽出されたと思われる表面を覆う油や、
スープ自体にどっしりとした甘みがある。
魚介も多少使われており、
重量感がありながらも複雑で幅のある旨味を醸し出す。
元は東京荻窪で営まれていたそうだが、
激戦区で磨かれた味はやはり、違う。
麺はランダム断面の縮れ中細麺。
モッチリとした腰を持ちながらも、
シャキっとした茹で加減は心地よい啜り心地。
具材は口の中で溶けるほど柔らかいバラチャーシュー、
メンマ・白髪ネギにモヤシ、海苔。
重めのスープには清涼感あるモヤシや白髪ネギは良い箸休め。
旨い一杯でした。
女性に人気らしい新メニューの「浜しお」あるいは「浜しおレタス」も
是非試してみたいと思いました。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2007 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」