ラーメン 竜

ラーメン 竜−細麺ラーメン

細麺ラーメン 550円
中華そば系
「ジワリ旨味広がる体喜ぶスッキリとした一杯」
コッテリ:◎◎○○○(鶏ガラ豚骨ベースのスッキリ醤油スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(喉越し鮮やかな自家製ストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。厚切りチャーシューにメンマ・ネギ)
おすすめ:必食、スッキリ、華やか、オリジナル、人気店、自家製麺、無化調
住所:静岡県浜松市中区鍛冶町140−18
TEL:053−452−0898
営業時間:11:00〜20:30
休日:無休
駐車場:なし
座席:カウンタ15ー テーブル6
禁煙:喫煙可
出前:なし
URL:ラーメン竜
雰囲気:子連れ○ カップル○
最寄り駅:はままつ


くさデカという静岡ローカル番組で、2005年に静岡No.1を取り、
それを記念してカップラーメン化を果たしたお店。
実はそのカップラーメンを本物を知らずに食べたのですが、
個人的にこれがツボに入って旨かったんですよね。
で、いつか本物を食べてみたいと思っていたんですが、それが叶う日がやってきました。
デッカく赤地に黄色で「ラーメン竜」と書かれた看板が、
近代化が進む駅周辺で異様に目立ち、直ぐに見つけることが出来ました。
カウンターとテーブルのみのこじんまりとした感じ。
狭いながらも元気のいい接客は好印象。
お店に入るとまず券売機で食券を買うのですが、ここで麺を2種類から
選べる事ができます。細麺と太麺があるようですが、見た感じアッサリとした
スープっぽかったので、ここは細麺を、2軒目だったので普通のラーメンを
セレクトしました。
セルフの水を汲んでカウンターに座り、食券を店員さんに渡しました。
ラーメンは流石細麺を使うお陰か、かなり早く到着しました。
スープは無化調らしい丸く柔らかで優しい味わい。でも他の無化調店がやるように、
濃い目の割とハッキリとした味付けでもありました。
まるみのある醤油の風味が先ず立ち、次いで豚や鶏、野菜などの甘みとコクがジワリジワリと
迫るような力強さも兼ね備えています。カップラーメンも良く出来ていましたが、
やはり本物はフレッシュさや奥深さで段違いの味わいがありますね。
後味も軽やかなしっかりとしたスープで、素直に美味しいと思いました。
博多豚骨のような極細麺は、若干加水が少ないような感じですが、
啜るとしっかりとしたコシと、ツルっとした喉越しが良かったです。
ストレート麺なんですが、スープの吸い上げもよく、バランスの高さを感じました。
固めの茹で加減のお陰か、コシだけではなくパツパツとした食感と共に、
小麦の風味が広がっていました。スープ同様、麺にも気合いを感じます。
具材はバラチャーシューにメンマ・ネギとシンプル。
このチャーシューは焼いた本物のチャーシューなんですが、
焼いた割には柔らかくてしっとりとしていていい食感でした。
ただ、ちょっと臭うのが苦手でした。
マスコミ露出の多いお店に共通しているのですが、ここも情報に敏感そうな
若者やカップルを中心に賑わっていました。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 3件

  1. 厚切りチャーシューメン細めん ¥780 ラーメン竜 静岡県浜松市中区鍛冶町140-18

     浜松駅近くのべんがら横丁にラーメン屋さんがいっぱい入っているのですが、どうも、残念な結果になることが多く、しかたなく、近くをぶらぶら歩いておりました。
     すると、ボロッちいお店が見えてきました。
    [[attached(1,center)]]
     赤と黄の、いわゆる…

  2. Pochi より:

     はじめまして、Pochi と申します。
     このお店、何も考えずにぷらりと入ったのですが、そんなに有名なお店だったのですね。知りませんでした。
     チャーシューが美味しかったのでまたいってみたいです。

  3. 次郎長 より:

    >Pochiさん
    はじめまして、コメント有難うございます。
    ブログ拝見いたしました。チャーシューメンは
    チャーシューが大きいですね。
    私もチャーシューメンにしておけば良かったかも。

コメントを投稿する

© 2005 - 2007 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」