麺屋 はやたろう 佐鳴台本店

はやたろう−黒旨

黒旨 680円
豚骨系
「クリーミーでオイリーな豚骨スープに大量のビターなマー油」
コッテリ:◎◎◎◎○(クリーミーでサラリとした胡椒の効いた豚骨スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(加水少な目ストレート中細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。炙ったチャーシューに味付け玉子・メンマ・しらがネギ)
おすすめ:コッテリ、ワイルド、濃い味、オリジナル、軽呑み、ファミリー、モダン
住所:静岡県浜松市中区佐鳴台6丁目6−10
TEL:053−448−9144
営業時間:11:30〜14:30(平日)
     18:00〜24:00(平日)
     11:00〜24:00(土祝)
     11:00〜22:00(日)
休日:無休
駐車場:14
座席:カウンター8 テーブル10 座敷20
禁煙:喫煙可
出前:なし
URL:麺屋 はやたろう
雰囲気:子連れ○ カップル○
最寄り駅:なし


手書き風のポップや木彫りのメニュー札がなんとなく居酒屋っぽい感じのこちらのお店。
土日は通し営業をされており、私が突撃したのも15時過ぎ。
でも、そんな時間にもかかわらずお客さんの入りはナカナカで、
お店の方も忙しそうにされてました。
カウンターに座り、メニューを見ると豚骨系の他にあっさり醤油や味噌・塩まで
取り揃えてあり、マニアなら敬遠してしまいそうなメニュー構成。
まぁ最近では実力店でもこの位は揃えていたりするので、敬遠するほどでもないでしょうね。
で、初めてだったのでお店の方にオススメを聞くと、
やはり豚骨が売りのようで、ニンニクが嫌いじゃなければ是非、黒旨を食べて欲しいとの事。
そこまで言われたら注文は勿論「黒旨」を。
BGMはお決まりのようにジャズが静かに流れていましたが、
店員さんの声のほうが威勢が良く、活気ある雰囲気。
お店の方のオペレーションをのんびり観察しているうちにラーメン到着。
スープは大量のマー油や動物油が表面を覆い、とてもオイリー。
骨が溶けるまで炊いた豚骨スープはクリーミーでマイルド、ザラザラ感無し。
もっとドロドロしたのを想像していたので、このさらさら感には逆に驚きました。
その豚骨スープ自体は旨味が前面に出たものですが、なり大量に胡椒が入り、
胡椒やマー油、ゴマの香りに豚骨の臭いが完全に消されていました。
でも、なかなか旨くて食べやすい(飲み易い)感じのスープです。
ストレートの中細麺は長めにカットされ、加水が少ないのも手伝ってスープを良く吸い上げ、
啜るとなかなかの食べ応え。流石にチェーン化しているお店だけあって、
スープとのマッチングも良く、完成度の高さを感じます。
具材は炙ったバラチャーシューにメンマ、海苔、ネギ。
チャーシューは炙ったというか、正確には鉄板で焼いた、というほうが正しいですね。
味付けが殆どしないので、バラの油っぽさが強調された感じだったのがちょっと無理っぽかったです。
浜松にはこの「はやたろう」ブランド以外にも、
同じメニューや味で出しているお店がいくつかあり、
そういう意味では一度は入っておきたかったお店です。
食べてみて、思った以上のお味やお店の雰囲気に、
流石チェーンを目指しているだけあって、違うな、と思いました。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2007 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」