らーめん弥七

らーめん弥七−醤油らーめん

醤油らーめん 650円
鶏白湯系
「超マイルドかつ濃厚な新世代鶏白湯スープ!」
コッテリ:◎◎◎◎○(鰹の香味油浮く、濃厚で芳醇な香りの鶏白湯スープ)
麺の太さ:◆◆◆◆◇(腰とモチモチ感豊かな自家製平打ち中太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。チャーシューに半熟味付け玉子、ネギ2種に糸唐辛子)
おすすめ:必食、コッテリ、アッサリ、スッキリ、はんなり、オリジナル、濃い味、無化調、
     人気店、自家製麺、チャーシュー
住所:大阪府大阪市北区豊崎3−4−8
TEL:06−6373−0035
営業時間:11:00〜16:00
休日:土曜・日曜・祝日
駐車場:なし
座席:カウンター4 テーブル8
禁煙:全席禁煙
出前:なし
URL:らーめん弥七
雰囲気:子連れ△ カップル○
最寄り駅:なかつ


こちらはハーモニーの親父さんがいっつもオススメしてたお店。
福岡出張の帰りに寄ってみました。
ハーモニーの親父さん、情報ありがとうございます。
駅から外れ、ちょっと判り辛い場所にあるこちらのお店。
なんでも、東京から地元の大阪に戻ってきたらしく、
店頭にはdancyuの切抜きや各種雑誌の切抜きが貼られていたり、
店内には有名ラーメンフリークの色紙が飾って合ったりと、
相当な実力店みたいです。
清潔感溢れる店内に入ると、左手に券売機。
初めてなので、醤油らーめんのボタンを押し、カウンターに座ります。
開店と同時に入ったにも関わらず、後からお客さんが続々と・・
しかも見るからにラーメンマニアっぽい風貌の方々が。
これは期待が高まりますね!
で、ラーメン。
アクセントにもなっている鰹とほんのりニンニクの香る明らかにそれと判る香味油。
それを潜って下層のスープを口に運ぶと、ネトっとした超クリーミーなスープ。
・・というかポタージュというか、バターというか、上手く表現できないんですが、
とにかく食べた事無いスープで、もちろんインパクトありまくり!
鶏のポタージュと表現したら判り易いでしょうか。
深いコクとスッキリとしたコッテリ感。
キリっと控えめなしょっぱさに、どこまでも続く濃厚な甘み。
そして超ウルトラマイルドでクリーミーなコッテリ感がとにかく新しい。
新しいのに中毒になりそうなクセもある。いやクセは全く無いんですが、
病み付きになりそうな。そんなスープです。
多分、鶏ガラだけじゃなくて、肉や皮も使ってこの独特のトロミを
出しているんでしょうね。とっても斬新です。
麺は意外にも多加水の平打ち中太麺。
モッチリ感が高く、はじけるような腰もあり、滑らかな表面も手伝って、
スープの重さを感じさせない仕上がりですね。
粉も上質なものを使っているようで、風味が豊かで噛むほどに香ります。
具材はトロっと溶けた半熟の味付け玉子に
これまた溶けるような軟らかさのチャーシュー。
白髪ネギに青みのネギと糸唐辛子。
いずれの具材も箸休めにも、単体でも美味しく頂ける逸品。
いやいや驚きました。そしてため息が出ました。
こんなスープが味わえるなんて、ホント、ビックリです!
また行きたいなぁ・・

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 9件

  1. Net Tourer より:

    かなり粘度のある鶏白湯スープのようですね。
    鶏ガラだけだと骨髄の量も少ないので、次郎長さんがおっしゃるように別のもので粘度を出しているのでしょうね。
    昔、テレビで見たことがあるのですが、粘度を出すために米を一緒に煮込む店もあるようですよ。

  2. かっぴーも。 より:

    帰りに大阪にも寄っていたんですねぇ〜
    『弥七』は大阪でも有名店ですよねぇ〜
    僕も2度ほど立ち寄らせてもらいました。
    「醤油&ヘタめし」を戴きました。
    クリーミーで濃厚なスープは・・・醤油?と思わせる外見ですが「美味い!」の一言ですね。
    塩も食べてみたいんですけどねぇ〜ついつい醤油を食麺しちゃうんですよねぇ〜

  3. 次郎長 より:

    >Net Tourerさん
    骨より肉や皮のほうが多いような、すっごーくマイルドでクリーミーなスープです。
    遠いですけど、豚骨兄貴のNet Tourerさんにも是非試して欲しい逸品です!
    >かっぴーもさん
    塩も是非試してみたいです!
    全国を渡り歩くマニアの方に教えていただいたんですが、
    行くだけの事はありました!

  4. ハーモニーの親父 より:

    私のような親父の助言聞いて頂いてありがとう。
    他に比べようが無いと思います。
    夏はつけ麺とへた飯(ごろっとした炒めたチャーシューウと玉葱のみじん切りにたれをかけてあります)、まずつけ麺を食べてスープ割りを頼み、へた飯を食べて暖かなスープ割りが来たらライスにかけながら食し、最後にスープを飲み干す。
    ラーメンフリークに成って良かったと思う至福の時です。
    次はカドヤ食堂行って下さい。

  5. トシモン より:

    弥七へ寄ってきたんですか。
    このお店は、大阪へ移転する前は東京の日本橋にありました。
    勤め先から近いこともあって、年間40杯ぐらいはここで食べてました。
    何故大阪へ移転したかというと、
    ご主人の酒井さんはもともと大阪出身で、根っからのタイガースファン。
    2003年に阪神が優勝すると、もう一度この目で優勝するところを見たい…
    ということで移転を決心しちゃったんですネ〜。(笑)
    ですから、2005年に優勝したときは、臨時休業が多かったとか。(爆)
    モヒカン頭のトサカの部分が、黒と黄色に染め分けられていたはずです。
    マアそんな“オバカ”なお店です。

  6. 次郎長 より:

    >ハーモニーの親父さん
    次はカドヤ食堂ですね!覚えておきます。
    >トシモンさん
    私が行ったときはヘアスタイルは普通でしたよ。
    落ち着かれたんでしょうか?(笑)

  7. らーめん 弥七

    訪問日:2007年10月26日(金)
    大阪遠征の2軒目は、5ヵ月ぶり5回目の訪問になる「弥七」!
    大阪市営地下鉄・中央線の中津駅が最寄り駅。
    JR新大阪駅から東京に帰る前に途中下車して寄ってきた。
    13:45!
    あいにくの

  8. ハートランド より:

    こちらではご無沙汰してます…
    所用で大阪に行くことになり、以前から気になっていた「弥七」へいってきました!
    午後2時半頃にお店につきましたが店外に2名の待ち。
    ほどなく入店して券売機へ
    醤油、塩、つけ麺と迷ったあげく、醤油(¥700)&ヘタめし(¥350)の食券を購入しました!
    最近は静岡東部でも”鳥白湯スープ”のラーメンをいただく機会が増えましたが、スープがまとまりがとてもいい感じでした!
    ちなみに、ホームページにありますが営業時間は11:00〜16:00(スープが無くなり次第終了)になってました。

  9. かなり より:

    >ハートランドさん
    へぇ、お客さんめっちゃ増えましたね〜
    営業時間情報ありがとうございます。変更しておきました。

コメントを投稿する

© 2005 - 2007 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」