中華料理 河津屋 / 土肥の人気麺、キョーソーメンとは

1
キョーソーメン 700円
ノンジャンル系

コッテリ:◎○○○○(あっさり醤油スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(柔らか目の若干ウェーブした細麺)
量の多さ:■■■□□(味の濃い具材)
おすすめ:アッサリ,ジンワリ,濃い味,ピリ辛,中華,ファミリー,友人同僚
住所:伊豆市土肥2661-5
TEL:0558-98-0095
営業時間:11:30~14:00/17:30~21:00
休日:水曜
駐車場:なし(店の前に市営駐車場有。夏場のみ有料の模様)
座席:カウンター4 テーブル 2×2,4×4
URL:なし
最寄り駅:なし

ラの患者です。
伊豆市土肥の方に、「地元で人気のラーメン屋ってありますか?」と訊いたら、それならここだよと紹介されたのが「河津屋」さん。中華料理店ではありますが、地元の方がこの店にくると、必ずといっていいほど頼むラーメンがあるらしいのです。
ということで、伺ってみました。

その人気麺は「キョーソーメン」というらしいのですが、私は初めて聞きました。
他の麺メニューは、普通のラーメン、五目ラーメン、野菜ラーメンがあり、変わったところでは、肉の糸切りかけラーメン、かに玉ラーメン、しいたけ麺というがあります。
あと、夏期限定で、鶏麺、冷やし中華と、全9品の麺ラインナップです。

テーブル席に着いて、「キョーソーメン」を頼みしばし待ちます。
さて、出てきたラーメン。
澄んだ醤油スープ+細麺+炒めた具材と、見掛けは中華料理のカテゴリーですね。コショウの強めの香りが漂ってきます。
スープを啜ってみると、鶏と豚ダシが相まった、あっさりした醤油スープ。口の中にジワリと旨味が広がります。美味しいです。
麺は、若干ウェーブした細麺。柔らか目の茹で加減で、もうちょっと食べ応えがあった方がいい感じではあります。
この麺に、キョーソーメン最大の特徴である「具材」を絡めて食べるのですが、いやーこれ、私すごく好きですね。
味が濃い!細切りの豚肉と白ネギを炒めたものに、コショウが結構強く効かせてあって堪りません(地元の猛者は、更に卓上のコショウを振るそう)。ネギのシャキシャキした食感も快感です。 このパンチのある具材を、主張控え目のスープと麺と一緒に口に入れると、これが結構合います。没頭して、一気に食べてしまいました。

こういう、今まで知らなかった地元の人気麺に出会うと嬉しくなります。
名前の由来をお店の方に訊いてみました。漢字で書くと「葱油湯麺」で、普通は“ソンユーメン”と読むらしいのですが、お客さんに覚えて貰い易くするために、滋養強壮という意味で「キョーソーメン」と呼ぶようにしたということでした。
麺の茹で加減で大きく賛否が分かれそうな気がしますし、地元の方も「もう少し麺にコシがあればな」と言っていましたが、私は好きです。御馳走様でした。

(このラーメンは、2014年9月29日12時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2014 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」