一蘭 キャナルシティ博多店

一蘭−ラーメン

ラーメン 780円
博多系
「蓋を開ければそこは豚骨エクスタシー!」
コッテリ:◎◎◎○○(甘み重視かつキリっとした味わいのマイルド豚骨)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(滑らかな舌触りと腰のストレート極細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。チャーシュー2枚に半熟玉子・辛味噌)
おすすめ:コッテリ、アッサリ、上品、スッキリ、モダン、人気店、自家製麺、
     深夜、辛い
住所:福岡県福岡市博多区住吉1−2−22 キャナルシティノースエンドビルB1F
TEL:092−263−2201
営業時間:10:00〜24:00
休日:無休
駐車場:2500台(有料)
座席:カウンター32
禁煙:全席禁煙
出前:なし
URL:一蘭ホームページようこそ
雰囲気:子連れ△ カップル○
最寄り駅:はかた


こちらも行きたかったお店の一つ、一蘭。
しかもこちらのキャナルシティ博多店限定の、
四角い蓋付きの丼をどうしても見たかったんです!
というわけで、かなりお腹一杯だったんですが、無理して突撃してみました。
「味集中システム」と呼ばれる、一人分ずつ仕切られたカウンターで、
店員さんとも目を合わす事無く、ひっそりラーメンを楽しむことが出来る、
独特のシステムもまた楽しみの一つ。
実際には少し寝そべると隣が見えますし、振り返れば後ろに人が居るし、
場所柄行列しているためか、待ち客から丸見えだったりと、
いつもと違うシチュエーションに、逆に集中して食べられないじゃないか!!
とも思ったり。まぁシステム気にせずに食べればいいだけなんですけどね。
ともかく、カウンターに座ったら、麺の硬さや味の濃さ、
油の多さ等好みを紙に書き、ベルボタンを押して店員を呼びます。
口頭でオーダー確認後、3分くらいで蓋をされたラーメンが目の前に置かれます。
蓋を開けるとフワっと豚骨のイイ香りが広がります。
まずはスープを一口・・・
ジンワリとコク深い甘みを帯びた、それでいて輪郭の整った味わいの
マイルドでややトロミもある、判り易い旨さの豚骨スープですね。
表層のネトっとした優しい香りが立ち上るオイルが
マイルドスープと相まってナカナカのコッテリ感。
麺は自家製でかなり寝かせているらしく、滑らかでしっとりとした表面を持ち、
それでいてシャキっとした歯応えと腰も楽しめる、なかなかのいい感じの麺。
具材は半熟玉子に、脂身の多い、炙ったチャーシュー2枚。
それから麺の上に辛味噌が乗っています。
クセの無い、コッテリともアッサリともとれるマイルドなスープが
万人にオススメできそうな、そんなお店でした。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 6件

  1. HEARTLAND より:

    あっ、「セキスイハイム」のボックスラーメンだ!

  2. 次郎長 より:

    ちょっと違いますから(笑)

  3. Net Tourer より:

    これはまた珍しい丼ですね。
    丼を傾けてスープをすする時はやっぱ角からすするんでしょうね。
    (平らな面からすすったら…)

  4. かっぴーも より:

    僕も仕事柄出張が多く・・・携帯サイト「超らーめんナビ」で探しては食麺しています。
    以前に『一蘭(中洲川端上店)』へは一度立ち寄らせてもらいました。
    味,店の雰囲気にかなり期待しての訪問だったのですが、う〜ん至って普通の食べやすい“豚骨らーめん”でした。
    次郎長さんのおっしゃる通り・・・
      クセの無い、コッテリともアッサリともとれるマイルドなスープが
      万人にオススメできそうな、そんなお店でした。
    この意見はピッタリだと思います。 チェーン店化されていますしね。
    『一蘭』を出た後に、付近に漂う豚骨臭に誘われて近くの屋台へフラ〜っと・・・連食。
    やっぱり博多は屋台ですね。 早いし,安いし,美味しいし・・・スパイスに人情もプラスされるし。

  5. 次郎長 より:

    >Net Tourerさん
    やっぱ角からっすかね。私はちょっと迷いましたが、
    横にある蓮華で済ませちゃいました。やっぱ丼からすすんなきゃ!ですけど・・
    >かっぴーもさん
    らーナビは出先でちょろっと見るのには大変重宝しますよね!
    実は私も愛用しています。
    屋台の雰囲気は私も好きです。ちょっと立ち寄るにはほんと、いいですよね。

  6. オールドタイムス田中 より:

    ラーメン集中方式の一蘭ですが、
    いろいろある店舗のなかで
    一軒だけ、カコイのない店舗があります。
    さーそれはどこでしょう?

コメントを投稿する

© 2005 - 2007 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」