博多一風堂 JR静岡駅店 / 豚の旨味がジンワリ浮上する、上等な博多豚骨!

1
白丸元味 780円九州豚骨系

コッテリ:◎◎○○○(上品な旨味がジンワリ旨い博多豚骨スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(パツパツしたストレート極細麺)
量の多さ:■■□□□(麺量少なめ)
おすすめ:必食,アッサリ,ジンワリ,チャーシュー,人気店,ぶらり,通し営業,深夜,駅近,デート,友人同僚,禁煙
住所:静岡市葵区黒金町47 アスティ静岡西館
TEL:054-251-2522
営業時間:11:00~22:00(LO.21:30)
休日:なし
駐車場:パルシェP
座席:カウンター×12 テーブル 2×2,4×3
URL:http://www.ippudo.com
最寄り駅:JR東海 東海道本線 静岡駅

ラの患者です。
急速に増えた静岡中心市街地の博多豚骨。どういう現象か分かりませんが、県外チェーンの「暖暮」「一蘭」、県内組の「すぎ多」「すがい」の支店が、結構近距離圏に集まってお祭り状態です。
そして今回、駅ビル1Fという最高の立地にビックネーム「一風堂」が参戦しました。
静岡市内ってそんなに豚骨の許容力があったんだと驚きですが、はたして、この祭りの行方はどうなるのでしょうか。
とりあえず、行ってきました。


伺ったのは、オープン4日目の日曜なので、混んでいるだろうなとは思っていましたが、やはり店の前には20人くらいが行列を作っていました。
並んでいると、スタッフからメニュー表を渡されたので見てみると、基本のメニューは

◎白丸元味(原点の一杯)
◎赤丸新味(+香味油、辛みそ)
◎一風堂からか麺(ピリ辛肉味噌トッピング)

の三つですね。
麺の固さは4段階(ふつう、カタ、バリカタ、粉おとし)が選べる模様。その他の味の濃さや脂の量等は選べないようです。
基本の「白丸元味」をバリカタで頼んでみました。
順番がきて、カウンター席に案内されて座りました。
さて、5分程して出てきたラーメン。
具材は、バラチャーシュー、キクラゲの細切、モヤシ、刻み青ネギです。
スープを啜ってみると、ブタモツから上品な旨味のみを抽出したような、ジンワリとした味わいがゆっくり浮上してきます。味わい優しく、クドく無くて飲みやすいスープ。
う~ん、美味しいですね。
店の説明では、「豚頭」と「ロース骨・ゲンコツ」を別々に炊き出し、最後にブレンドする「豚骨×豚骨のWスープ」なのだそうです。
このモツのような味わいは、市内の博多豚骨店の中では「一蘭」にタイプが近いですが、一蘭のデフォルトと比べると、脂の主張とニンニクのコクは控え目で、より穏やかな感じではあります。
2
麺は博多豚骨お馴染みの、パツパツした食感のストレート極細麺
ただ、バリカタにしたせいか分かりませんが、食べ始めはほんの少し、スープの乗りが少ないような気がしました。

最後までクドくならず、美味しさの逓減もありませんでした。
調整を極めた、とても上等なラーメンですね。(新東名のNOODLE EXPRESSとはかなり味わいが異なると思います)
今回は、スープの美味しさに気を取られてしまったので、次回に伺ったら麺をしっかり味わいたいです。
ご馳走さまでした。

(このラーメンは、2013年5月30日14時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 1件

  1. バリかた より:

    ここは、何度か通うとご褒美に食売の束をもらえます。(スタンプカード制)もうすぐ期限になるので、今日は玉子3つに替玉2つで使い切りました。白丸は上品な美味しさで、裏切りません。赤丸の焦がしニンニク油は苦手なので、白丸にもう少しコクがプラスされたら、もっと好きになるんですけどね。麺は、もちろんバリ硬で頂きました。ごちそうさまでした。

コメントを投稿する

© 2005 - 2014 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」