鈴福 / 東部の実力を垣間見る、昔ながら系の旨いラーメン③

1
手打ラーメン 600円
醤油系

コッテリ:◎◎○○○(鶏ダシで若干味濃い目の醤油スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(中太の縮れ手打ち麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通、バラ肉チャーシュー5枚)
おすすめ:必食,アッサリ,ジンワリ,濃い味,チャーシュー,人気店,老舗,安い,通し営業,友人同僚,禁煙
住所:三島市安久39-3
TEL:055-977-4627
営業時間:11:00~19:00(2014.1.3より)
休日:月曜
駐車場:15台
座席:カウンター10 テーブル4×3
URL:なし
最寄り駅:伊豆箱根鉄道 大場駅

ラの患者です。「鈴福」さんは、昭和52年創業の老舗にして、ガイド本には必ずと言っていいほど登場する有名店ですね。
こちらを抜きに東部の昔ながら系は語れない、というくらいのお店と思いますが、今まで行く機会がありませんでした。
ようやく訪問です。


平日の12時ジャストくらいに伺いましたが、駐車場はほぼ満車。入れ替わりで何とかあまり待たずに駐車できましたが、店に入ったらこちらも満席で、テーブル席に相席させてもらって、何とか席に着くことができました。
人気店だとは聞いていましたが、相当なものですね。
卓上のメニュー表を見ると、基本は醤油と味噌で、あとは手打麺にするか、辛口にするか、チャーシューメンにするかを選ぶという感じです。(塩は無い)
東部の知人に聞いたら、辛口味噌がオススメということだったのですが、とりあえず初見なので「手打ラーメン」にしてみました。へ~普通のラーメンと値段は同じ(600円)なのですね。ちょっとお得な感じが。
さて、出てきたラーメン。濃い醤油ダレのスープに、バラ肉チャーシューが5枚も載っています。いやいや、見ただけで頬っぺたがジュワッときました。
具材は、チャーシューの他はメンマ、ワカメ、刻み青ネギです。
スープを啜ってみると、鶏ダシと醤油ダレの味わいメインで、味は若干濃い目ですね。今まで食べた東部の昔ながら系(やじきた食堂と安富)とは違い、ハッキリと旨味を前面に出している感じです。
軽く生姜の風味もあります。飲んだ後の、口の中の芳ばしい余韻も濃い感じ。
2
麺は中太の縮れ手打ち麺。プリンとしたよい噛み応えです。表面が若干ザラザラしたテクスチャで、スープの乗りも◎。
バラ肉チャーシューは、脂の旨味がしっかりあり、噛むと肉身がホロリと解れる適度な柔らかさでした。

終盤になると、ワカメの風味がスープに溶け出してきて、味わいに重層感を与えるので、更にスープは濃く感じるようになります。私の嗜好からいけば、ちょっと味が濃いのですが、それがあまり気にならないほど、芳ばしく美味しいラーメンでした。
やはり30年以上、多くの方に支持されてきた味です。

ご馳走様でした。

(このラーメンは、2013年5月20日12時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2014 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」