安富 / 東部の実力を垣間見る、昔ながら系の旨いラーメン②

1
手打ち醤油ラーメン 600円
醤油系

コッテリ:◎○○○○(鶏ダシメインのアッサリ昔ながら系醤油スープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(ツルン、プリンとした中太手打ち麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通)
おすすめ:アッサリ,スッキリ,ジンワリ,上品,安い,ぶらり,穴場,深夜,駅近
住所:沼津市高島町27-2
TEL:055-925-0511
営業時間:(平日)11:30~13:30/17:00~22:00
(土日)17:00~22:00
休日:火曜
駐車場:なし
座席:カウンター×5
URL:なし
最寄り駅:JR東海 東海道本線 沼津駅

ラの患者です。
東部の昔ながら系リポートの第二弾は、前リポート「やじきた食堂」から歩いて2,3分くらいの場所にある「安富」さん。
全体的に昭和チックな佇まいの、小さいながらも味があるお店です。


店内は、カウンター5席とかなり狭いです。
席に着いて壁のメニューを見ると、基本は醤油、塩、味噌の3種。醤油と塩は手打ちが選べ、他はネギラーメン、ワンタンメン等の具材バージョンメニューが並びます。
とりあえず、「手打ち醤油ラーメン」を頼んでみました。
さて、出てきたラーメン。
具材はオーソドックスに、モモチャーシュー、メンマ、海苔、刻みネギです。
スープを啜ってみると、基本、アッサリ・淡白な昔ながら系なのですが、序盤は思いのほかハッキリと鶏ダシと醤油ダレの相まった、ふくよかな芳ばしさが広がります。
生姜の風味も多少あります。うん、美味しいです。レンゲが進みます。
飲み進めると、醤油ダレと生姜の主張は優しくシフトし、更にズイズイ飲めるようになります。ベースは鶏ダシなので、先のリポートの「やじきた食堂」よりも淡白ですが、味わいに不足は感じません。
2
麺は、中太のビラビラ捩れた手打ち麺。ツルン、プリンと気持ちがいい啜り心地です。しっかりした麺ですが、アッサリスープとのバランスも意外といいです。
コリコリした食感のメンマ、よく噛み締めると仄かに肉の旨味がジンワリと浮上してくるモモチャーシューの仕上がりも、スープとバランスが取れています。
後半に入ると、若干スープの味わいがソフトになり過ぎたので、コショウを振って完汁しました。

こちらのお店、自然に年季が入った感じがいいです。ドンブリもダイヤル式の電話も、イイ味出しています。(いや、電話はインテリアでしょうか?私は現役だと思いますけど。あえてご店主には訊きません)

ご馳走様でした。

(このラーメンは、2014年5月12日12時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2014 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」