麺行使 伊駄天 静岡店 / 茶の風味ふわり薫る「静岡ラーメン」つけ麺編

1
TEPPENつけ麺 870円
つけ麺系

コッテリ:◎○○○○(魚介と鶏ダシ薫るアッサリ醤油つけ汁)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(茶を練り込んだ平打ちストレート麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通)
おすすめ:必食,アッサリ,スッキリ,ジンワリ,上品,無化調,チャーシュー,人気店,ぶらり,モダン,深夜,駅近,デート,接待,友人同僚,禁煙
住所:静岡市葵区御幸町7−5 アイセイドービル1
TEL:054-252-1130
営業時間:(月~土)11:00~14:30/17:30~22:30
(日・祝)11:00~21:00
休日:なし
駐車場:なし
座席:カウンター×12 テーブル2×6
URL:伊駄天Web Site
最寄り駅:JR東海 東海道本線 静岡駅

ラの患者です。
新年度から職場が変わって、リポートが長いこと止まってしまいましたが、何とかラーメンは食べ続けています。
さて、リニューアルオープンに合わせ淡麗スープになった伊駄天さん。テレビ静岡企画の「静岡ラーメン」も始まり、最近は結構伺うことが多かったです。

3/31に伺ったら、静岡ラーメンのつけ麺バージョン「TEPPENつけ麺」の提供が始まっていたので券売機で選び、スタッフに券を渡します。
出てきたつけ麺。具材はチャーシュー、ナルト、味玉、メンマ、白ネギ、水菜、刻みノリです。
緑色を呈する茶を練り込んだ麺は、平打ちの中太ストレート。スルスルっと啜り心地が良く、モチっとした適度な歯応えもあります。噛み締めると、茶の芳ばしさがフワリ微かにかすめます。
2
刻みネギと白ゴマ浮かぶつけ汁は、魚介と鶏ダシの相まった、上品で薫り高いもの。タレの芳ばしさも立ち、マイルドな酸味もバランス良く効いています。
よく味わうと、マグロ節の焙乾由来と思われる、本枯節のようなスモーキーな風味もあります。ごく僅かな風味ですが、私はこの感じ好きです。
(マグロ節ってあまり聞きませんが、調べてみると、非常に淡白で、和食の吸い物のダシに使われたりするそう)
伊駄天独特の、キレ良く、コントロールを極めた味わいは相変わらず。より抑制を利かせている感じがまたニクイです。
3
ズルズル啜り始めると、止まらないんですよこれが。啜っては噛み締め、啜っては噛み締めにひたすら没頭していると、徐々に茶の香味が厚くなってきて、存在感が増していきます。
マグロ節の風味は、温かい「てっぺん」のスープの方が分かり易いと思いますが、茶麺の風味は、やはりつけ麺の方が立ちますね。
つけ汁の微かなスモーキーさと、この茶の爽やかな芳ばしさは、面白いマッチングだと思います。

こちら、インパクトではなく、細やかな調整の巧みさで食べさせるお店と思いますので(リニューアル後は特に)、気持ちを落ち着かせて、ゆっくりと味わいたいところです。急いでいる時や酔った状態では、とても勿体無いと私は思います。
ご馳走様でした。

お店を後にして歩いていると、ゾワゾワっと、すぐ引き返してまた食べたい欲求が身の内に湧き上がってきました。この理屈ではない体の反応が、真価を示しているのかなと思いました。

(このラーメンは、2014年3月31日及び4月10日の19時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2014 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」