TEATORU(テアトル) / 出汁が引き立てる麺の芳ばしさ。つけ麺も旨いです

1
出汁つけ麺 800円
つけ麺系

コッテリ:◎○○○○(煮干し強めの鶏&魚介塩つけ汁)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(適度な噛み応えの若干ウェーブした中太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通)
おすすめ:必食,アッサリ,スッキリ,ジンワリ,華やか,上品,チャーシュー,モダン,デート,接待,友人同僚
住所:静岡市葵区両替町1-6-10
TEL:054-255-1122
営業時間:11:30~13:45(40食売切次第終了)
休日:土、日曜
駐車場:なし
座席:カウンター×7 テーブル 4×2,3×1
URL:http://www.geocities.jp/ra_men_akatukiya/
最寄り駅:JR東海 東海道本線 静岡駅

ラの患者です。
元「あかつき屋」店主が世に問う、「出汁」ラーメン。
今まで食べた中の極私的なランキングは以下です。
1位:出汁ラーメン
2位:出汁つけめん
3位:濃節つけめん
圧倒的な「出汁」の旨さを味わうなら、やはり「出汁ラーメン」。初めて食べた人が「旨っ!」と瞠目しているのを、何回か見掛けました。
「濃節つけめん」も美味しいのですが、たっぷり投入された甘いニュアンスの魚粉がメインとなるので、「出汁」好きの私としてはこの順位。
以前「出汁ラーメン」をリポートしたので、今回は「出汁つけめん」でいきます。


12時のちょっと前ぐらいに伺いました。
最新版のラーメンWalkerで結構大きく紹介されていたので、混んでいるかと思ったのですが、そんなこともなかったです。私は行列ができてもおかしくないレベルの店と思うんですけど、平日の昼営業のみで40食限定というハードルの高さからでしょうか。
ちょっと釈然としませんが、ま、ともかく・・・カウンター席について、「出汁つけめん」を頼みます。
しばらくして出てきたつけ麺。
まずは、若干ウェーブした中太麺をそのまま啜ってみると、しなやかにプリッ、ムチッと、やや多加水目の適度な噛み応え。シコシコと噛み締めていると、徐々に麺の芳ばしさが解き放たれて香ってきます。かなりいい麺と思いますね。
2
鶏出汁香るつけ汁の方も一口啜って舌の上を転がしてみると、「出汁ラーメン」と比べてかなり煮干しが強いです。ホロ苦さもハッキリ感じますが、少しするとスッと舌の上から消える潔さがあります。酸味無く、アッサリしてキレ鮮やか、そしてコク深く味わい十分です。
透き通った琥珀色のつけ汁の表層には、チャーシューの油滴が若干漂います。具材としてチャーシュー、メンマ、三つ葉、刻みネギが加わり、ほんのわずか一味も振られています。
では、と、このつけ汁に麺を漬けてズルズル啜ってみると、う~ん!このスープと麺の相性が素晴らしくいいですね。 普通はどんなに風味が良い麺でも、強いつけ汁で打ち消されてしまってほとんど意味が無かったりしますが、これはちゃんと麺の風味が、出汁の味わいと相乗的なハーモニーになっています。
“出汁は素材の味を引き立てる”と聞いたことがありますが、これは「出汁」つけ麺と銘打つだけあって、まさにそのとおり。私は初めての経験です。
煮干しのホロ苦さも、麺に絡むとほとんど気になりません。
三つ葉とチャーシューもアクセントになっていいですね。

出汁そのものの豊かさと至福感を味わうなら「出汁ラーメン」ですが、このつけ麺の魅力も素晴らしい。
つけ汁も最後まで飲み干しました。
合掌、ご馳走様でした。

(このラーメンは、2013年11月30日12時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」