新広楼 / コチュジャンの甘味が珍しい感覚のラーメン

新広楼 ちゅんめん slant
ちゅんめん 850円
醤油系

コッテリ:◎◎○○○(コチュジャンを使った甘い珍しい味わいの中華スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(ストレート中細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。ニラ・モヤシ・ニンジン・豆腐ほか)
おすすめ:アッサリ,華やか,上品,ピリ辛,中華,人気店,ぶらり,軽呑み,駅近,ファミリー,接待,友人同僚,女性一人,禁煙

「新広楼」
住所:熱海市水口町5−33 (10月移転予定?)
営業時間:11:30〜14:30
     17:00〜20:00
休日:木曜
駐車場:なし
座席:テーブル8×1,4×2,2×2
URL:なし
最寄り駅:JR東海 伊東線 来宮駅

富士と並んで未訪問点の多い熱海にやってきました。
伊豆のモナコと呼んでみたいくらい坂が多い熱海ですが、こちらのお店は来宮駅を下って直ぐの場所にありました。

熱海は不思議と旨い中華料理店が多くある気がするんですが、こちらのお店もそんな雰囲気を醸し出していますよね。
駐車場が無いのがネックですが、近隣にはちょっとお高めの有料駐車場があるので、そちらに停めて坂を下ってお店に向かいます。

店内は堂々とした外観とはうらはらにこぢんまりとした感じで、テーブル席のみの割合簡素な感じ。

でも、このお店も地元では有名なのか、はたまた知る人ぞ知る通なお店なのか、味の善し悪しが分かりそうな感じのお客さんで賑わっていました。

メニューは本格中華料理店らしく、特に麺メニューが豊富な感じ。
四川系なのか、辛いメニューが多く見られました。北京麺とか香港麺・四川麺という感じで、中国の地名が付いたメニューが結構ありました。

今日はその中から、珍しいネーミングの「ちゅんめん」をオーダーしてみました。

新広楼 ちゅんめん top
いかにも中華なルックスの一杯。
スープは定番のオーソドックスな中華スープで、これにコチュジャンの辛味と甘味が溶け込んでいます。
まさに文字通りの「甘辛い」スープは普通のラーメン店ではちょっと見ないですし、僕史上中華料理店でも初めてなのですが、意外にも不自然な感じがしないのが、流石中華料理のお店って感じですね。

麺はストレート中細麺。
これも中華料理店では定番の食感&風味。

具材はニラ・モヤシ・タマネギにニンジン、ダイスカットの豆腐にキクラゲ、豚肉などを軽く炒めたもの。

食べている最中に他のお客さんとお店の方が話をしていたんですが、なんでも10月には市役所前当たりに移転するみたいです。
というわけで、この情報は掲載時点で既に古いのですが、多分同じスタイル・味でやられると思うので、あえて掲載しています。

(このラーメンは、2013年9月24日 14時頃に食べました)

新広楼

市役所前に移転予定?の「新広楼」さん

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」