大石 / 富士駅近くに安くて旨い中華料理店があるってマジすか?→はい、思いっきりマジです。てかそれ常識です。

大石 カントンメン slant
カントンメン 650円
醤油系

コッテリ:◎○○○○(とろみのついたアツアツのアッサリ中華スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(軽くウェーブしたストレート中細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。大海老、イカ、豚肉、野菜類ほか)
おすすめ:アッサリ,濃い味,自家製麺,中華,老舗,安い,ぶらり,軽呑み,駅近,ファミリー,接待,友人同僚,女性一人

「中華料理 大石」
住所:富士市水戸島元町2−6
TEL:0545−61−0310
営業時間:11:00〜14:00
     17:00〜19:00
休日:木曜
駐車場:あり (店裏)
座席:テーブルあり 座敷あり
URL:中華料理 大石
最寄り駅:JR東海 東海道本線 富士駅

ちょっとブログを徘徊していたら新しい感じのタイトルの付け方に笑ってしまったので、マネしてみました。
ラーメン店だけじゃなく、ラーメンが食べられる中華料理店が周辺にひしめき合う、
富士駅近くにある「中華料理 大石」さんに突撃してみました。
イラスト入りの風情ある看板が印象的なお店ですね。

店内は外の喧騒を忘れさせてくれる、広く、静かで落ち着いた空間に、テーブル席がずらりと並んでおり、外観同様に昭和の味を感じます。

メニューは非常に豊富で、昔ながらの中華料理店メニューの他に、これまた中華料理店の麺メニューでは定番系が並んでいます。

見た感じや印象から、ここはガチな街の中華料理店を期待して、「カントンメン」を注文してみました。
ていうか、正確にはノーマルのラーメンとかが安くて雰囲気的に遠慮したっていうのが本音ですが。。

大石 カントンメン top
少し大きめで深い丼に、たっぷりと入った一杯。具沢山なところが食欲をそそりますね。

スープはスタンダードな淡い味わいの中華スープで、具材でもある海鮮野菜類の餡が絡んでおり、このお陰でスープは灼熱レベルでアツアツでした。

麺は少しウェーブがかったストレート中細麺。

そしてメインの具材は、大きな海老にイカ、味わいのある豚肉にタケノコや白菜などの野菜類をたっぷりと使い、それぞれがシャキっと程よい食感を持っていました。

スタンダードで堅実に作られた一杯ですから、ビックリするような旨さは無いものの、初めてでも安心かつ懐かしくてホッとするラーメンでした。

(このラーメンは、2013年8月24日 13時頃に食べました)

大石

マスコットキャラクターが可愛い「中華料理 大石」さん

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」