わさらび / 伊東で本物のラーメンが食べられる!

わさらび 梅しそそば slant
梅しそそば 800円 (+味付玉子100円)
和風系

コッテリ:◎○○○○(梅の酸味と紫蘇の香りがほんのり漂う無化調アッサリ塩スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(モッチリしなやかなコシが特徴のストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。大きな巻きバラチャーシュー、梅干し、刻んだ紫蘇ほか)
おすすめ:必食,アッサリ,スッキリ,ジンワリ,華やか,上品,自家製麺,無化調,チャーシュー,穴場,ファミリー,友人同僚,バリアフリー,禁煙

「支那そば屋 わさらび
住所:伊東市八幡野400−10
TEL:0557−53−3368
営業時間:11:30〜14:30
     17:30〜20:30
休日:火曜
駐車場:4 (店前)
座席:カウンター6 テーブル4×1
URL:なし
最寄り駅:伊豆急行 伊豆急行線 伊豆高原駅

2013年8月6日移転オープン。
ようやく告知しても大丈夫かな・・という感じだったので、記事にしてみました。

以前は沼津市中沢町、その前は伊豆の稲取、さらに前は白田で営業していた、ラーメンマニアならご存じ、現存する伝説のラーメン店。
元々は伊豆の片田舎で知る人ぞ知る凄いラーメン店だったわさらびさんですが、大好きなラーメンで、一度は自分の力を試すべく、人口の多いところで勝負してみたかった・・
その思いを沼津市で見事に叶え、ある意味その時代を踏襲した、無化調スープに自家製麺という2つを武器に、共鳴するお客さんを少しずつ、しかし着実に増やしていきました。

また、今でこそ限定ラーメンを出すお店は沢山ありますが、こちらのお店はその先駆け的なお店であり、しかも繰り出されるメニューはいずれも独創的でハイレベルな、舌に覚えのある方なら思わず唸ってしまうラーメンばかりで、職人気質のお店ではありますが、その味を求めてラーメンマニアはもちろん、グルメな方々からも愛されているお店です。

そんなわさらびさんが、少し落ち着くために伊豆に戻ってきました。

今度の場所は伊東のリゾート地からも近い、程よく閑静なところにありました。

地べたから作ったので、完全に店主さんの思い描くラーメン店を具現化しており、少々の駐車場と10席程度のこぢんまりとしたお店を作っています。

真新しい店内は天井が高く、開放感に溢れています。
店主さんが1人でも営業できるよう、店先には券売機が置かれ、メニューは以前と変わらない豊富なラーメンメニューが並んでいました。
横に広くなった厨房は、目の前が6席のカウンターと、左手は4席のテーブル席が1卓と、全部でも10席のこぢんまりとしたもの。
吹き抜け天井のお陰もあって、広々とした雰囲気はとても落ち着き感がありました。
ちなみにメニューは今後は伊豆のニーズを見定めつつ、揚げ物やご飯物、軽いおつまみなんかもまた復活させるそうで、こちらも楽しみですね。

で、この日は僕がこのお店で一番好きなメニューである「梅しそそば」に味付玉子をトッピングして注文してみました。

わさらび 梅しそそば top
久しぶりに見るこの一杯。
整った美しい盛りつけと、その脇から見える透明感のあるスープは、見慣れたルックス故に食べる前から美味しそうでワクワクしてしまいます。

一口レンゲでスープを飲んでみました。
すると、伊東に移転してもその味は変わっていませんでした。

豚や鶏といった動物系に、厚みのある節や昆布などの魚介出汁をブレンドした、無化調のアッサリスープは、とてもスッキリと纏まっており、軽やかな口当たりからジワリジワリと旨味が広がっていきます。
このラーメンは塩の梅しそということで、食べ初めはほんのりと梅の酸味が後味をスッキリとさせており、叩いたばかりの紫蘇がフレッシュな香りを運んできます。

食べ進めながら梅肉を麺に絡めながら食べると、スープが持つ芳醇な旨味がより力強さを増していき、噛む程に口の中で得も言われぬ旨味を広げていきます。

初めてこの味に触れたときは、とても感動したのを覚えています。
今でこそ食べ慣れた味なので、興奮することこそありませんが、食べ進めるに従ってその奥深さに魅了されるのが、わさらび味の凄いところですね。

麺は自家製のストレート細麺。
全粒粉をブレンドした透明感のある麺は、シットリしなやかなコシを持っており、噛めば甘い薫りがフワリと広がる、和風スープにとてもマッチした風味があります。

具材は、熱川ポークを使った巻きバラチャーシューに、大粒の梅干し、刻んだ紫蘇に白髪ネギ、海苔。
そしてトッピングの半熟味付け玉子。
わさらびさんでは高価な素材をふんだんに使った・・というラーメンではないのですが、唯一このチャーシューだけは、地元熱川の熱川ポークという貴重なブランド豚を使っており、脂身の甘味が特徴になっています。

久しぶりに食べましたけど、やっぱりしみじみ旨い一杯ですね。
沼津時代は近くて混んでいるのでなかなか行くのを躊躇していましたが、今度の伊東は昔のようにプチ料旅行気分で行けそうなので、また通っちゃいそうです。

ちょっと熱い伊東ですが、この週末は是非訪れてみてはいかがですか?

(このラーメンは、2013年8月7日11時30分頃に食べました)

わさらび

伊豆の隠れた名店になりそうな「支那そば屋 わさらび」さん

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」