大一楼 / 多くのメニューに圧倒される、小さな中華料理店

大一楼 ワンタンメン slant
ワンタンメン 700円
醤油系

コッテリ:◎◎○○○(ベーシックな鶏ガラスープに鰹節を効かせたノスタ系スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(エッジの立ったストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。ニンニク入り餡を使ったワンタン、巻きバラチャーシューほか)
おすすめ:アッサリ,ジンワリ,老舗,安い,ぶらり,軽呑み,駅近

「中華料理 大一楼
住所:伊東市宇佐美1659−5
TEL:0557−47−2247
営業時間:11:30〜14:00
     16:00〜20:00
休日:水曜
駐車場:あり (店前)
座席:カウンター5 テーブル4×3
URL:なし
最寄り駅:JR東日本 伊東線 宇佐美駅

伊東といえば、熱海・下田などとならび、夏の伊豆では人気の地域。
地元の東部の方々はもちろん、中部の方も結構遊びに行っちゃうエリアではないでしょうか。
今日はその伊東に向かう峠、亀石峠を下ってきたところにあるお店に突撃してみました。

お店の場所は伊東の海岸沿いから亀石峠に向かう入口にあります。
長屋風の複数のお店が並ぶ、テナントの一角にあります。
お店の隣は動物の美容院が入っており、見た感じキレイめなんですが、隣のこちら「大一楼」さんは結構年季が入っているので、入れ替わること無くずっとこの場所でやられているんでしょうね。

店内も外観に同じく、使い込まれた感じの、いわゆる中華料理店的な雰囲気。
入って左手はカウンターと厨房、右手がテーブル席。
厨房では割とお年を召したご夫婦?がお店を切り盛りしていました。

メニューは非常に豊富で、しかも手頃な値段。
ラーメンは500円からスタートしていますが、流石にそれを注文するのは忍びないので、ワンランクアップさせてワンタンメンを注文してみました。

大一楼 ワンタンメン top
黄色いワンタンの皮が珍しくて目を惹く一杯。
軽く油が浮いたスープは、アッサリ目の鶏ガラ中華スープをベースに鰹出汁をブレンドした、結構しっかり目の味わい。
ごく普通の中華スープを想像していたんですが、それは良い意味で裏切られました。
この値段でこのしっかりとした味わいは、意外でちょっと嬉しいかも。

麺はやや柔らかめに茹で上げられたストレート細麺。
ちょっぴりエッジの立ったシャープな舌触り。

具材は、餡入りのワンタンが数粒に、糸目がしっかり残った巻き煮豚、ザク切りの白ネギ。
ワンタンの餡は結構強くニンニクが効いている、ちょっと珍しい風味。というか、餃子の餡になるんでしょうか。
煮豚は見たとおりしっかりと煮込まれているんですが、仕上げに醤油ダレにつけているのか、周囲はいい塩梅の醤油味が染みこんでいました。
そしてザク切りの白ネギが、魚介ガラスープとよくマッチしていて、思わずねぎを全部レンゲで掬って食べてしまいました。

年季の入った店内外にちょっと構えていましたが、しっかり目のノスタ系ラーメンを一口味わうと、思わずホッとしてしまったのは、僕がやっぱりラーメン好きだからでしょうね。

(このラーメンは、2013年8月2日13時50分頃に食べました)

大一楼

通る度に気になっていたお店、「大一楼」さん

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」