一軒屋

一軒屋−正油ラーメン

正油ラーメン 600円
中華そば系
「全て手作り!30年間紡いだ伝統の味!」
コッテリ:◎○○○○(甘みあるアッサリとした豚骨鶏ガラ醤油スープ)
麺の太さ:◆◆◆◆◆(強い腰を持った青竹打ちの平打ち極太麺)
量の多さ:■■■■□(麺量やや多め。モモチャーシューにメンマ・ナルト)
おすすめ:アッサリ、スッキリ、オリジナル、無化調、老舗、自家製麺、
     お手軽、ぶらり、ファミリー、ほんわか
住所:静岡県富士宮市淀川町27−5
TEL:0544−24−8664
営業時間:11:00〜22:00(L.O.21:30)
休日:無休
駐車場:5台
座席:カウンター12 座敷8
禁煙:喫煙可
出前:なし
URL:なし
雰囲気:子連れ○ カップル○
最寄り駅:にしふじのみや


ラーメン好きな方なら街を歩いたり、幹線道路を走ったりしているうちに
お店や看板が目に付くと思います。
私もその一人で、随分ラーメン屋さんの看板を見つけ出すスキルが上がった
今日この頃ですが、こちらのお店は以前通りかかったとき、
店先の看板にある「純手打」という響きがすんごく気になったんですよね。
純手打ですよ、純手打!!
手打ちとか、自家製麺はよく見ますけど、「純手打」なんですよ。気になりません?
というわけで、その純手打が何なのかを確認するため、突撃してきました。
お店はやや年季が入っていますが、清掃が行き届いているので清潔感はバッチリ。
カウンターに座り、オススメを聞くと特製正油ラーメンがいいとのこと。
でも、余り量食べられないと話すと、普通の正油ラーメンはどうかと進められたので、
それをオーダー。おもむろに麺湯で釜の蓋をあけ、麺を茹で始める
ご主人からはオーラがほとばしります。
最近は深ざるで麺を茹でるラーメン店が殆どですが、こちらは昔ながらの
平ざる&大振りの中華鍋で麺を茹でます。勿論、麺茹中は木蓋をして高い温度を保ちます。
その真剣な作業風景を見ているといやがおうにも期待は高まります。
そうこうしているうちにラーメン到着。
スープは静かに炊き出した印象の鶏や豚を主軸に、野菜の優しい甘みも感じられる
穏やかでアッサリとした醤油スープ。
前味にインパクトこそありませんが、フワっとふくらみのある動物と野菜の香りに、
後から旨味がついてくるような、そんな後味です。
裏の作業場で青竹を使って打った、純手打ちの所以である自慢の麺は、平打ちの極太麺。
堅めに茹でられており、うどんにも似た強靭な腰を持つ独特のもの。
カンスイ臭はしませんがやや黄みを帯びており、加水が多い為かツルツルとした
啜り心地に、粒度が細かくて粉感のある、ちょっと食べた事無い感じの麺ですね。
好き嫌いが分かれそうですが、私はこれ好きです。
麺好きな方には是非試していただきたい麺です。
具材はモモチャーシューに、ピリ辛・濃い目に味付けされたメンマ、それからなると。
軽く茹でたもやしがこんもり乗せられています。
このあたりはシンプル・ベーシックな感じですね。
聞けば、周りが田畑だった30年も昔からこの地で営業しているとの事。
青竹を使って打った麺は私が知る限り、静岡東部ではここだけでしょうか。
その極太の麺は手切りだからというのもありますが、
なによりご主人が太い麺が好きだから出しているとの事。
周りに流される事無く、ただひたすらわが道を進み続け、育み続けた歴史さえ
感じさせる一杯は、体にも心にもジワリと沁み込む、深い深いお味でした。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 8件

  1. 白銀 より:

    次郎長さんって本当に神出鬼没ですね(^^;)西に向かったかと思えば東。南に向かったと思えば北
    ふと、ある店で食べてたら隣に居てたりして….良い意味で…..なんだか怖い(^ー^;)(ヲイ)

  2. おかぽん より:

    いつも楽しく読ませてもらっています。早速行ってきました。大月線より西の地理には弱く迷いました。次郎長さんの土地勘には驚きです。ラーメンはチャーシュー麺を食べました。喉越しの良い縮れ太麺はなかなかでした。スープはあっさりして昨今のダブルスープのようなスープで食べさせるラーメンとは一線を画したものでした。この麺と味噌との相性も気になるところです。つけ麺もあり、なかなか意欲的な店でした。常連さんが読み終わったスポーツ新聞を回してくれました。居心地のいい店でした。

  3. だいだぶる より:

    突撃してきました。チャーシュー麺・大盛りをいただきました。実は結構前から宿題店だったのですが、次郎長さんが行かれたのを知って、感化され自分もようやく突撃しました。純手打ちの麺は私も気に入りました。スープにもう少しインパクトというか、主張する味があった方が好みですね。せいろごはんのメニューが豊富でしたので、再訪した際は、ラーメン&せいろごはんでガッツリ喰らいたいです。

  4. 次郎長 より:

    >白銀さん
    そうですか?あちこち行くのが好きなんですよ。
    >おかぽんさん
    はじめまして、よろしくお願いします。
    そうそう、私が行ったときも先ず最初にスポーツ新聞渡されたんですよね。
    なんていうか、お客さんと対話する形が出来ているみたいで、
    ご主人もそれが狙いみたいで、まんまとはまってしまいました(笑)
    ご指摘の通りやはり麺に拘っているそうで、おかぽんさんのコメントを
    ご主人が見たらさぞ喜ばれる事でしょうね。
    暖かいコメント有難うございました。
    >だいだぶるさん
    イロンナところ行きますね〜(^^)やっぱりご存知でしたか。
    あの看板は気になりますよね(笑)
    そうですね、麺が力強い感じなので、スープもパワフルなのが合いそうですよね。
    遠くて行き辛いですけど、私も次は味噌あたりを食べてみたいと思います。

  5. おかぽん より:

    再訪、味噌ラーメン食べてきました。注文したら親父さんが「味噌!」と叫んでいました。あまり出ないのかな。赤味噌ベースの合わせで唐辛子の辛味が加わっています。出汁の風味も損なわない程度の味噌使いで和食に通じるものがあります。私的には醤油より麺に合います。モヤシも生臭さが消えていい感じ。スープも最後まで飲みました。挽き肉が入っていました。またキムチラーメンがメニューにありましたがこの麺とはマッチするかも。すでに冷やし中華もエントリーされておりあなどれません。鍋のシメにもつかえそうですから。

  6. 次郎長 より:

    >おかぽんさん
    なんかご主人も「味噌もあうよー」みたいなこと仰ってた気がします。
    そういえばここも再訪したいお店なんだよなぁ・・

  7. 山頭火 より:

    特製ラーメン食べました。店主が普通のラーメンとは麺が違うよ!おすすめというので注文したところ、緑色のシソ風味の麺を使用したあっさりしょうゆラーメンでした。

  8. 次郎長 より:

    >山頭火さん
    はじめまして、コメントありがとうございます。
    そうですね、私のときも麺の話をされてました。
    緑の麺はとても興味をそそられたんですが、
    まずは普通のやつを頼みました。
    また、ご主人とお話をしに行きたいな・・
    情報ありがとうございました。

コメントを投稿する

© 2005 - 2007 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」