京頌苑 / あまりの激安っぷりに目を疑った!今どきラーメンが380円!

京頌苑 ワンタンメン slant
ワンタンメン 480円
醤油系

コッテリ:◎○○○○(淡く旨味の強いシンプルな中華スープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(柔らか茹で加減のカンスイが効いたストレート中細麺)
量の多さ:■■■■□(麺量やや多め。肉入り雲呑、チャーシュー、メンマ、うずらの玉子ほか)
おすすめ:アッサリ,ガッツリ,人気店,老舗,安い,ぶらり,穴場,出前,ファミリー,友人同僚

京頌苑
住所:富士宮市山宮2199−8
TEL:0544−58−4188
営業時間:不明
休日:月曜
駐車場:10 (店前)
座席:カウンター7 テーブル6×1,4×4 座敷あり
URL:なし
最寄り駅:なし

富士宮2軒目は、1軒目からも近かった、こちらのお店に突撃してみました。
名前を見たときは中華料理店かな・・とか、結構老舗だな・・とか、ごく普通のイメージしか持っていなかったんですが・・・

丁度お昼時の12時に到着してみると、駐車場は満車状態。
あれー、他のお店にするか−、と振り返ってみると、一番入口の狭いところが一台停められそうです。
僕の車は軽自動車ので、そこにえい!っと停めて店内に向かいます。

見た目同様年季の入った店内は、近隣の工場服を着たお客さんでとても賑わっていました。
窓ガラスが多く陽光が降り注ぐ結構広い店内なんですが、駐車場同様にほぼ満席状態で、かろうじてカウンターの一番奥が空いていたのでそこに座りました。
お客さんはやっぱり皆さん近隣の方ばかりのようで、なんでこの場所が空いているのかなと思ったら、座って直ぐに気づいたんですが、ここは日当たりが良すぎて超暑い・・(^^;)
まぁでも、たまたまここが空いてただけなんでしょうけどね。。

で、メニューを見てビックリというか、もう引くレベル。
筆頭メニューのラーメンがなんと380円!!!
1軒目に突撃したさっきのお店も600円スタートで安いなと思ったんですが、このお店はそれを遙か上・・というか下に行くお店でした。
一番高いラーメンが580円で、メニューの中で一番高いのでも800円なんですよね。

2軒目だったんで一番少なそうなメニュー・・というといつもラーメンなんですが、さすがにこの安さでは。。。
というわけで、頑張るつもりで「ワンタンメン」を注文してみました。それでも、480円・・・何ですかこの安さは。。

混んでるお店なのでそれなりに待ちますが、年季の入ったAMラジオが鳴り響き、厨房から聞こえる鍋を振るカンカンという音や、スタッフのおっかさん達が張り上げる威勢のいい声などに、すっかり和んでしまい、時間すら忘れてしまうほど。

「はいお待たせ〜」と持ってきてくれたのが、この一杯。

京頌苑 ワンタンメン top
いかにも昔の中華料理店らしい、一回り大きな丼には、黄味を帯びた雲呑や麺がギッシリと入っています。
おぉ・・食べきれるかな・・・と思いながらも、まずはレンゲでスープを掬ってみます。

醤油色の澄んだスープは、甘い旨味がカツーンと前面に出たシンプルな中華スープ。
この値段ですから贅沢は言えませんが、麺から染み出したカンスイの風味が、いい塩梅にこのスープに合っていますね。
なんだか懐かしい味だなぁ・・なんて思いながらも、箸を麺に。

最近はあまり見ることが無かった、黄味を帯びた麺はストレートの中細麺。
カンスイがバッチリ効いた独特の風味を持つものですが、コシこそ無いものの柔らかく茹であげられているので年輩の方でも食べやすいかもしれませんね。

そして具材。
肉餡が入った雲呑が7〜8粒ほどと、甘く味付けされたメンマ、カマボコにワカメにネギにチャーシュー、そして何故かうずらの茹で玉子。
雲呑は皮はとても柔らかくて箸を通すと崩れてしまうほどですが、逆に餡がかなり肉肉しい感じで、いかにも雲呑!って感じです。

やっぱこのお店は何より安さとボリュームでしょうね、きっと。
あとは、年輩のご主人とおっかさん二人が醸し出す、この雰囲気。

ガッツリ食って、午後も働くか〜!な〜んて感じのお店です。
社会人なり立ての頃は今とは全然違ってカラダメインの仕事をしていたんで、こういうお店結構行きました。
場所も富士宮ですし、なんか懐かしい感じでしたね。

(このラーメンは、2013年7月10日12時30分頃に食べました)

京頌苑

ランチタイムは満車満席です!の「京頌苑」さん

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 1件

  1. yasu より:

    ここはお昼時いつも超混みこみですね。特に休日は近くにグランドがあるのでスポーツ帰りのお客でごったがえしてます(かつて自分もよく利用させてもらいました)この値段でよく頑張っていますよね!

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」