麺街道 / やっぱり喜多方系って麺が引き立っているんですね

麺街道 醤油ラーメン slant
醤油ラーメン(太麺) 580円
醤油系

コッテリ:◎◎○○○(節系に動物系を重ねたクラシカルなあっさりスープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(手打ち風のストレート中太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。チャーシュー、ワカメ、メンマ、ネギ)
おすすめ:アッサリ,スッキリ,安い,ぶらり,軽呑み,深夜,ファミリー,友人同僚,女性一人

「喜多方ラーメン 麺街道
住所:静岡市清水区沼田町1783−1
TEL:054−336−1338
営業時間:11:00〜15:00
     17:00〜23:00
休日:無休
駐車場:10
座席:カウンター6 テーブル4×3 座敷4×3
URL:喜多方ラーメン 高蔵
最寄り駅:なし

清水に食べ歩きにきてみました。
実はねぇ、このお店は取っておきたかったんですよねぇ・・・

何故かというと、屋号に「喜多方ラーメン」とあるので、このお店はまぁ間違いないだろうと。
清水では他にも行っていないお店が沢山あるので、それら屋号だけではどんなラーメン店か想像もつかないところから行きたかったんですが、やっぱり月曜はどこもお休み。
このままではお昼を食いっぱぐれることになりかねないので、早めに確実にやっていることを知っているお店に向かうことにしました。

見た目昭和のファミレス(失礼・・)っぽい感じの、チェーン店にも見えるお店ですが、外観は結構年季が入っているように見えるので、この地域ではそれなりに支持を受け続けるお店なのかも知れません。
ちなみにググってみると、愛知が本店のようで、静岡は他に掛川にもあるみたいですね。

店内は、目の前にカウンターが、右手には小上がりの座敷、左手にはテーブル席があり、カウンター中央にはその奥の厨房を結ぶ、商品を渡すエリアがあるので、もしかしたら以前は花月だったのかな?

カウンターに座り、メニューを見ると、醤油味・味噌味・塩味・豚骨味に冷麺と、味が4種類に季節メニューが1種類に分かれています。
醤油・味噌・塩はトッピングでさらにバリエーションが持たされており、言ってみればラーメンのファミレスのような、とても数多いラインナップ。

一応看板では喜多方を謳っているので、やっぱりここは「醤油ラーメン」をオーダーしてみました。
ちなみに、口頭での注文時に麺の太さが太麺と細麺で選べるそうで、もちろん太麺をチョイス。

麺街道 醤油ラーメン top
丼縁に動物油が囲むスープは、カエシのキリっとした判りやすい旨味の向こうに、節系と動物系が軽やかに折り重なった、遠くに喜多方の風を思い出させるような、シンプルでクラシックな味わい。
でも、ちょっと遠すぎるかも。。

麺は手もみの入った手打ち風のストレート中太麺。
今となっては珍しくありませんが、昔からこの硬さで提供されていたとすると、結構強いコシかもしれませんね。

具材はしっかりと煮込まれたチャーシュー、タップリのワカメ、水煮のメンマにネギ。

配膳されて気づいたんですが、そういえばこのルックスは見たことがあるなぁ・・と思い出してみると、昔のラーメン本にこのお店が紹介されていた気がします。
てことは、やっぱりこのお店は結構長くやられているみたいので、ちょっと遠い雰囲気ではありますが、シンプルで麺が引き立つラーメンってこの地でも根付くみたいですね。

(このラーメンは、2013年7月1日12時頃に食べました)

麺街道

この麺だと冷やし中華もいいかもしれないなぁ・・の「喜多方ラーメン 麺街道」さん

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」