松竹 / 志太系を彷彿とさせる、豚脂の味わい豊かな冷やしラーメン

1
冷たいラーメン 600円 (夏季限定)
冷やしラーメン系

コッテリ:◎◎○○○(豚脂の豊かな風味広がるアッサリ醤油)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(締まってコシがしっかりあるストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通)
おすすめ:アッサリ,スッキリ,ジンワリ,チャーシュー,中華,限定,老舗,安い,ぶらり,友人同僚
住所:
静岡市葵区巴町20
TEL:054-246-9498
営業時間:11:00~15:00/16:30~19:30
(
日曜) 11:00~18:30
休日:月曜・第3火曜
駐車場:4台(,
)
座席:カウンター×6 テーブル3×1,4×2
URL:なし
最寄り駅:静岡鉄道 音羽町駅


ラの患者です。
某フリーペーパーで紹介されていた、ガラスの器に盛られた「冷やしラーメン」の写真が“ 志太系の冷やしを彷彿とさせる姿だったので、気になって伺ってみました。
私は知りませんでしたが、ネットで調べてみたところ、昭和29年創業という半世紀以上の歴史があるお店。焼きそばが有名で、たまにテレビでも紹介されることがあるらしいです。

 

平日の昼頃伺い、暖簾をくぐりました。
外観も店内も年月を感じさせる、とても時代感が強いお店です。そんなことで、店主はかなりお年を召した方だろう、という先入観だったのですが、30代後半くらいの方(男性)がやっていて、軽く意表を突かれました。(別の日に伺ったら、も少し年配の女性でした。こちらが御店主?)
テーブル席に着いて、「冷やしラーメン」を頼んでしばし待ちます。
涼しげなガラスのドンブリで出てきたラーメンは、ナルトが乗っていて麺が平打ちでない点を除けば、志太系の冷やしにやはり良く似ています。
スープを啜ってみると、チャーシューの煮汁を使っていると思われる、アッサリシンプルな醤油ダレの味わいがしっかり活きています。若干のショウガの風味も。
酸味も甘味も加えてありません。
秀逸なのは、チャーシューからタレに浸み出したと思われる、ジンワリ豊かな豚脂の旨味。この味わいの確かさは、志太系と明らかに違う部分ですね。美味しいです。
「冷やし」と言っても、それほどキンキンに冷えているわけではないのが、ちょっと勿体ない感がありますが、これ以上冷やすと、スープに漂う豚脂が固まってしまうのかも。
麺は、締まって適度なコシがある、ストレート細麺。豚の風味がしっかり乗って、これまたいい感じです。
この美味しいダシの元である、チャーシューの実力はさぞかし!と齧り付いてみると、モチッと食べ応えあり、その脂がやはり旨い。600円のラーメンとは思えない、いい豚です。
完汁です。ご馳走様でした。

ちなみに、メニューには「冷やし中華」もあるので、注文には注意が必要です。(再訪した際にうっかり、単に「冷やしで」と注文したら、出てきてアタッ!ということが)
一緒に「焼きそば」も頂きましたが、さすが看板メニュー、こちらも旨かったです。
また伺います。

2 具はほとんど無いけど、それがいい。素朴な「焼きそば」500円。

(このラーメンは、2013年6月21日13時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」