ラーメン ポルシェ / ラーメンも好きだけど、車も好きなので、この屋号のお店には入らざるを得ない!

ポルシェ ねぎラーメン slant
ねぎラーメン 600円
醤油系

コッテリ:◎○○○○(野菜の旨味が淡く優く広がるアッサリスープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(小麦の熟成感ある風味がする縮れ中細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。豆板醤で和えた白ネギ、ワカメ、チャーシュー)
おすすめ:アッサリ,ピリ辛,老舗,安い,ぶらり,軽呑み

「ラーメン ポルシェ
住所:静岡市清水区由比709−1
TEL:054−376−0022
営業時間:不明
休日:不明
駐車場:あり (店横)
座席:カウンターあり
URL:なし
最寄り駅:なし

これまた長年の課題だったお店にやっと突撃してきました〜
それなりに何度かお店の前を通ってはいるんですが、いつもやって無さそうな雰囲気だったのでスルーしていたんですよね。
でも、今日通りかかってみたら・・・暖簾がかかってました!

ラーメン好きで、僕のようにあちこち食べ歩くコレクター指向の方だと、車を運転していても、電車に乗っていても、ついつい窓の外に「ラーメン」という文字が見えると、目が行ってしまいますよね。
僕もそんな1人なんですが、こちらのお店は特に変わっていて、見るからに自動車整備工場なんですが、何故かラーメンの文字が入った看板があるんですよ。
自動車整備工場は「生きている」風ですが、隣のラーメン店風のところは今流行って無さそうな雰囲気。。

たまたま今日は時間つぶしのために清水に向かったんですが、向かった先がお休みで、どうせならと思って国道1号バイパスじゃなくて、下道から帰ってみようと思ったんですよね。
で、ふとこのお店の近くを通り、目線を送ってみると、なんと暖簾が掛かっているじゃないですか!
もう、急いで入庫ですよ、整備工場だけに!

車を降りてから、久しぶりにチャレンジングな気分が蘇って少し怖じ気づきましたが、どこでも入るのが僕のセオリー!と思いだし、サクっと突撃してみました。

外観同様店内は年季こそ入っているものの、ちゃんと営業中。
地元の年輩のお客さんがのど自慢のテレビをネタに、盛り上がっていました。

手前側に小上がり、厨房をL字に大きく囲むカウンター、カウンター内の厨房では年輩の女性が調理をなさっています。

メニューは450円のラーメンを筆頭に、麺メニューだけでも20種類近くあるでしょうか。
「焼肉ショウロー」というメニューが気になりましたけど、これはなんでしょう?

手元のメニュー以外には、壁に「キムチラーメン」、大阪から取り寄せたキムチを使ってます!とあったので、それを注文してみたら、丁度キムチが売り切れ。
辛い系が食べたいなら、ねぎラーメンかからしラーメンがいいよ、と言われたので、「ねぎラーメン」をオーダーしてみました。

ポルシェ ねぎラーメン top
切り立ての白ネギに豆板醤を和えたものがたっぷりと乗る一杯。
スープは醤油色がやや濃いめですが、味わいはとてもサッパリとしたもので、野菜の甘味や旨味がジワーッとくる感じ。
ネギやそれについた豆板醤、ワカメの風味などがハッキリそれと判るくらい、スープに溶け込んでいきます。

麺は縮れ中細麺。
柔らかめの茹で加減ですが、水分量が多く見た目にも透明感があります。
啜ってみると、意外にも小麦の風味が感じられ、よく見ると麺が少し灰色をしており、しかも黒い粒が見えますが、ひょっとして全粒粉練り込みなんでしょうか?
食べた感じは熟成感もあるので、失礼ながら雑然とした店内と、非常にアッサリシンプルなスープと比べて、この麺は意外でした。
多分、僕の勘違いだとは思いますが。。

具材はねぎラーメンだけに、削いだばかりの白ネギに豆板醤を和えたものがこんもりと乗り、その下にしっかり煮込まれたチャーシュー、ワカメ、メンマ。
チャーシューは淡いスープとは対称的に、肉の周囲は醤油味が染みこんでいました。

失礼ながら、場末的な雰囲気とごく普通のスープとは違い、食べれば食べるほど何かこの麺味わいがあるなぁと、不思議な気分で一杯を食べ干しました。

(このラーメンは、2013年6月30日13時頃に食べました)

ポルシェ

ポルシェ、食べちゃいました!の「ラーメン ポルシェ」さん

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 1件

  1. naminaminami より:

    行きましたかぁ、、、、、
    流石って言うか凄い、、、、、
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・勇気に乾杯です。

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」