いでゆ商店 / 伊豆で唯一!本場博多ラーメンに最も近い一杯が食べられるお店。

いでゆ商店 豚全部のせラーメン slant
豚全部のせラーメン 950円
九州豚骨系

コッテリ:◎◎◎◎○(臭みだけを抜いた濃厚九州博多豚骨スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(パツパツ食感の極細ストレート麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。味付け玉子、チャーシュー、キクラゲ他)
おすすめ:必食,コッテリ,濃い味,チャーシュー,ぶらり,穴場,深夜,デート,友人同僚,女性一人

いでゆ商店
住所:伊東市竹の内1−1−1
TEL:0557−38−1737
営業時間:17:00〜25:00
休日:水曜、第2木曜
駐車場:なし
座席:カウンター4 テーブル4×2
URL:なし
最寄り駅:JR東日本 伊東線 伊東駅

伊東に結構前に出来たという、本場博多ラーメンが食べられるお店に突撃してきました。
そういえば伊東って最近豚骨めいてますよね・・・

お店の場所は伊東駅から歩いて行くにはちょっと遠く、僕のように車で行くとなると駐車場の確保にちょっと苦労します。一応お店の手前には薬屋さんとかありますが。。

実はこちらのお店も萩の某ラーメン店主さんに教えて貰ったんですが、メニューや営業時間も何度か変更になって、今の時間に落ち着きそうだ、とのことでそれに倣って突撃してみました。

夏場でしたが、お店に到着したのは19時を少し過ぎたあたりで、周りも少しずつ日が落ちていました。
お店はいでゆ橋の端っこにあるんですが、このあたりはなんだかとてもロマンティックな感じですね。
ベベ着でラーメン食べ歩いていると、なんだか切なくなります(笑)

気を取り直して店内に。
外から見ると広そうなんですが、中は意外とこぢんまり。
入って直ぐの両側にテーブル席、奥にカウンターと厨房があり、木肌を活かしたウッドテーブルやカウンターが並び、少し暗めの暖色照明と相まって、のんびりと温かい雰囲気がありました。

カウンターに座ってメニューを見ると、大きく分けて「豚」と「魚」の2種類のラーメンがあり、それぞれトッピングでバリエーションを持たせた感じ。
また、最近お目見えしたのか、ラーメンとは違う麺を使ったつけ麺も数量限定で用意されていました。
ちょーおススメのコメント付きで「円盤餃子」もあったり、軽く吞むのにも良さそう。

カウンター上にはスープに関して、かなりのこだわりがあるようで、読み切れないくらい大量の薀蓄書きがあります。
というわけで、ここでつけ麺とか「魚」に走っては男が廃ります!
ガッツリ気前よく、一番トッピングが乗ったメニュー「」を注文してみました。
ちなみに、博多ラーメンということで、麺の固さもオーダーできますが、僕は「普通」で注文してみました。

いでゆ商店 豚全部のせラーメン top
可愛い丼に所狭しと具材が敷き詰められた一杯。
まずはレンゲを刺して、スープを飲んでみました。

うん!旨いっ!!

薀蓄書きにある、本場の人間からすれば「心地良い香り」である豚骨臭をあえて取り除いた伊豆仕様の豚骨スープは、豚骨の旨味が詰まった濃厚でクリーミーな味わい。
臭みが一切無く、旨味とザラザラとした髄の風味だけを残した本物のスープが、まさかこの伊東で味わえるとは驚くばかりです。
でもやっぱり、一つ足りない感じなのは、仕方ないですね。。

麺はこれまた本場仕様の極細ストレート。
水分少なめのパツパツ仕様で、ちょっとカンスイ匂がするところも本場っぽい。ってか本場そのまま。
極細麺が咀嚼すると口の中でパツパツと弾けていくのが楽しいです。

具材は、黄身がトロットロの半熟玉子に、柔らかいチャーシュー、強いコリコリ感と風味がいい感じのキクラゲ、海苔にネギ。

あえて全部乗せの豪華仕様で食べてみましたが、飲んだ締めなら逆に一番シンプルなラーメンで、替え玉して食べるのがいいかもしれませんね。

豚骨好きな方は是非に!

(このラーメンは、2013年6月19日19時30分頃に食べました)

いでゆ商店

風情ある橋の名を取った「いでゆ商店」さん

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」