めんりすと / 探求心満載の、Coolに旨い淡麗系!

1
む・ら・さ・き 780円  + 大盛 120円
淡麗系

コッテリ:◎○○○○(様々なダシが繊細に効いたアッサリ醤油)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(スープとのバランス抜群な全粒粉ストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通)
おすすめ:必食,アッサリ,スッキリ,ジンワリ,上品,無化調,チャーシュー,人気店,モダン,ファミリー,デート,接待,友人同僚,女性一人,禁煙

住所:三島市梅名108-2
TEL:0559778555
営業時間:(平日)11:30〜14:30 / 18:00〜21:00
    (土日祝)11:30〜14:30 / 17:30〜21:00
休日:火曜
駐車場:11
座席:カウンター×5 テーブル 2×24×3
URL:HPTwitterめんism(ブログ)
最寄り駅:伊豆箱根鉄道 駿豆線 大場駅

ラの患者です。
急に三島市に出掛ける用ができたので、昼食をどこにするか悩みに悩んだ結果、まだ行ったことのない(お恥ずかしい)、人気店の「めんりすと」さんに伺うことにしました。
こちらのお店、ネットで調べると「淡麗系」と紹介されていることが多いですが、正直私、この淡麗系と言われるラーメンは、2年ほど前に卓朗商店で一度食べたことがあるだけで、全く分かっていません。
御店主がフレンチ出身というのも、ピクッと触覚が立ちます。楽しみです。

 

旧東名をかっ飛ばし、沼津ICで下りました。郷里、ばり馬、石本家、超とんこつと続く、異様な豚骨地帯を抜け、国一入ってラーメンJACKの看板を横目に東進すると、大勝軒、山岡家、きらり、中川と、次々目に入ってきて、パラダイス・・・という呟きが漏れます。意識して見てみると、なにやら凄い密度ですね。
12
時半頃に「めんりすと」に着きました。ほぼ満席ですが、運良く開いた席にすぐ座ることができました。

注文は、淡麗系で最もベーシックそうな、あっさり醤油の「む・ら・さ・き」に。
出てきたラーメンの暗褐色の清湯スープには、チャーシュー、蒸し鶏肉、半熟タマゴ、メンマ、水菜、刻み白ネギが乗り、白ゴマがパラっと散らされています。あと柚子皮が一片。
スープを啜ってみると、アッサリ・マイルドな鶏ガラメインのダシに、煮干と節系が優しく効いています。他にも様々なダシが繊細に味わいを高めている感じ。この上品な「淡麗」さのニュアンスを伝えるのは難しいですが、強引に例えると、シルク生地の触り心地に近い情緒感か。(うわぁ、何言ってるんだろう)
卓朗商店でも同じニュアンスがあったので、技術的なことは全く分からない私としては、淡麗系ってこの感じのことなのかなぁ、と勝手に解釈。
店側の説明では、
鶏ガラ、豚ガラ、香味野菜のスープに、かつお節、さば節、煮干、干し貝柱、昆布、干し椎茸などを加えたもの、なのだそうです。
さて麺ですが、茶色い粒々が入ったストレート細麺。コシがあるという食感ではありませんが、ハリがあるとでもいいますか、しっかりした食感。スープの吸い上げも良く、このアッサリスープにとても合っていると思いました。
店側の説明では、全粒粉ブレンド麺なのだそうです。
あと具材! これもまた旨かったですよ。
チャーシューもタマゴも良かったですが、蒸し鶏肉からじわぁっと出てくる旨味は堪らなかったです。あとメンマ。タケノコの風味を活かしてそのままアッサリ味付けした感じで、しっかりした食感も良かった。
あっという間に完汁しました。
探求心満載のCoolに旨い淡麗系、
ご馳走様でした。

他にも、「芳醇系」という鶏ガラ+豚ガラの白湯シリーズがあるので、次に来るのが楽しみです。問題は、次はいつ来れるのか、ですが。

(このラーメンは、2013年6月1日13時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」