静岡伊勢丹「横浜・中華街展」に、広東料理の人気店が出店(5/15~5/21)※実食追記

1
旬のものをより安く美味しく食す、「経済時菜」がモットーという、横浜中華街の広東料理の人気店が出店です。
今回の伊勢丹のイベントは、今までにない仕立てできましたよ。通常メニューがあり、モーニングメニューがあり、トワイライトメニューがあります。
魅力的ですけど、今回もラストオーダーが17:30と早く、私的にはかなりハードルが高いことになっているので、行ける自信はあまりありません。
でも、朝ラーと夕ラー食べたーい! 何ともならないでしょうけど、何とかなりませんか、伊勢丹さん。

静岡伊勢丹横浜・中華街展
5
15日(水)~521日(火) 8階大催事場・プロモーションスペース
イートイン 10:30 ~ 18:00
<最終日2時終了/ラストオーダー:各日終了30分前>

◆牡丹園(横浜市)

提供メニュー
○自家製チャーシュー麺         891円
○フカヒレ入りエビワンタン麺    1,260円
○カニ肉入りフカヒレスープ麺    1,680円
○ホタテ・カニ入りフカヒレ姿煮麺  3,990円
○エビ入りワンタン麺(16:00以降限定)  601円
※~5/20
○ラーメン(1011:30限定)       301円

1,680円というのは、今までの価格設定で最高クラスですね。鶏ガラと醤油ベースの、さっぱりとした口あたりのとろみのあるスープとのこと。隠し味にオイスターソースを使って、奥深さを出しているとか。
朝ラーも気になりますが、夕ラーのワンタン麺も惹かれます。どんなでしょう。
さて。

*************************************

遅くなりましたが、5/20 モーニングメニュー の「ラーメン」食して来ましたのでリポートします。翌日にはイベント終了なので、既に記録程度の意味しかありませんが・・・
10:10
頃に入りましたが、既に10人以上席に着いていました。
入口のレジで先に支払いを済ませます。(表示では301円ですが、実際は300円)
席に着くと同時にラーメンが出てきて、異様な提供の早さに驚きます。
具材は、チャーシュー、モヤシ、水菜、フライドオニオン。
透明な薄黄金色のスープを啜ってみると、とてもアッサリ淡白な塩スープなのに、結構飲ませます。中華料理店でよくある、鶏ガラメインと思われるスープ。
麺は、もちもちとコシがある縮れ中太麺です。300円ですが、意外と麺量はありました。
チャーシューもアッサリした味付けですが、滋味があって結構美味しかったです。
御馳走様でした。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」