きむら食堂 / 出前も出来ちゃう素朴で安い食堂見つけた!

きむら食堂 ワンタンメン slant
ワンタンメン 650円
醤油系

コッテリ:◎○○○○(柔らかな鶏ガラにカンスイ匂漂う懐かしい中華スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(バッチリカンスイの効いた熟成感ある細打ちのストレート麺)
量の多さ:■■■□□(麺量やや多め。モモチャーシューに肉入りワンタンが10粒以上も)
おすすめ:アッサリ,ジンワリ,老舗,安い,ぶらり,出前,ファミリー,友人同僚,バリアフリー

「きむら食堂」
住所:熱海市和田町13−8
TEL:0557−81−5257
営業時間:11:00〜20:00
休日:土曜
駐車場:なし
座席:カウンター3 テーブル4×2
URL:なし
最寄り駅:なし

さてさてなにげに忙しいゴールデンウィークまっただ中に、今度は熱海に突撃してみました。
ここ数年はポツポツとラーメン専門店が増えてきた、熱海。
こちらは老舗になるかと思いますが、果たしてどんなお店なんでしょ・・

実はこのお店界隈は、今風のラーメン店ではないものの、ラーメンを置く定食屋さんや中華料理店さんが多く並んでおり、こちらのお店もその一つ。
しかも、不思議と店前に配達用のバイクが置かれているお店が多く、まだまだこの辺は出前文化が残っているみたいなんですよね。

こちらのお店は外からは中の様子が見えず、失礼ながらやっている雰囲気が感じられないので、なかなか入るのに勇気がいる感じ。出前メインなんでしょうね。
入口には小さな営業中の札が掲げられているので、ここは一発勇気を出して、引き戸を開けてみました。

店内はこぢんまりとした外観同様に、テーブル席が2卓にカウンターが少し、そしてその奥には厨房があり、厨房では年輩のご主人とその奥様?と、若いスタッフの3人が忙しそうにしていました。

ご主人も丁度出前から帰ってきて、またすぐに出前に行くような感じなので、外の様子とはうってかわって中はとても忙しそうな感じ。

テーブル席に腰掛けて、メニューはどこかな・・・と探し回ると、脇に置かれた新聞や雑誌の中に、A4サイズのメニュー表が隠れていました。

昔ながらの定食屋さん的なラインナップで、数こそそれ程多くないものの、麺メニューを始め定食や丼物もけっこうありました。
あ、この時期からかもしれませんが、冷やし中華もありましたよ。

で、やっぱりどのメニューも今どきにしてはとても安いので、普通のラーメンを注文するつもりでしたが、それでは申し訳ないので、ちょっとランクアップして「ワンタンメン」を注文してみました。
それでも650円って安い!

きむら食堂 ワンタンメン top
やや小ぶりの丼に、麺やスープが見えなくなるくらいたっぷりと乗せられたワンタンが嬉しい一杯。

スープは・・・・これは懐かしい!!!

昔ながらの鶏ガラ風味が優しく香る中華スープに、麺から染み出してくるカンスイの匂いが郷愁をそそる味わいで、なんだか子供時代に食べたあのラーメンを思い出すかのようです。
けして今風の味ではありませんが、逆にこういう風味のスープって今は殆どありませんから、むしろ貴重ですよね。
麺やワンタンを食べながら、時折レンゲでスープを啜っては、懐かしいなぁ・・なんて食べてました。
具材でもある海苔やネギからも少しずつそれらの風味がスープに溶け出してくるので、一層懐かしさに拍車を掛ける感じです。

麺は熟成感のあるカンスイがバッチリ効いた、ストレート細麺。
しつこいようですが、この麺から染み出してくるカンスイの風味が、鶏ガラスープにとてもマッチしていて、しかもちょっとパサっとした食感なのがまたいいんですよ、懐かしくて。

具材は、10粒以上はあった大量の肉入りワンタンに、ジューシーなモモチャーシュー、青ネギに海苔。
麺もそこそこ量が多いんですが、これだけワンタンがたっぷり乗っていると、このラーメン一杯だけでも結構お腹いっぱいになりますね。

失礼ながらどれもチープなんですが、それゆえに郷愁をそそられる味わいで、しかも外からは想像がつかない中の忙しさもあって、なんだか気に入っちゃいました。このお店。

(このラーメンは、2013年5月7日13時頃に食べました)

きむら食堂

カンスイ匂漂う懐かしいラーメンが魅力的な「きむら食堂」さん

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」