らーめん ブッチャー 静岡小鹿店 / 噛んで噛んで、噛み倒せ!静岡市二郎系インスパイアの牙城、再攻略

1-1ふじそば 680円(並盛) ※ 野菜増し、味濃いめ、麺固め
二郎系

コッテリ:◎◎◎◎○(背脂多めのコッテリ豚骨)
麺の太さ:◆◆◆◆◆(ゴワゴワの食べ応えある縮れ極太麺)
量の多さ:■■■■■(麺量多目。具材山盛)
おすすめ:コッテリ,ガッツリ,オイリー,濃い味,チャーシュー,人気店,深夜,友人同僚
住所:静岡市駿河区小鹿806-8
TEL:054-208-4457
営業時間:11:00~15:00
     18:00~23:00
休日:無休
駐車場:9台
座席:カウンター席 テーブル4×1,6×1
URL:麺屋こうじグループ
最寄り駅:なし

ラの患者です。
20124月オープンの静岡小鹿店。もう一周年ですね。
しかし未だ、平日の夜遅くに伺っても、店の外まで並んでいることがあり、その人気ぶりは衰えを見せません。
休日の昼頃に行こうものなら、駐車場空きを待つこと10分、並ぶこと20分、席に着いてからラーメンが出てくるまで10分という具合。
3/15
(金)に
沼津店4/12(金)に焼津店もオープンし、更なる飛躍を見せるブッチャーさん。今一度復習しておこうと思い、改めて基本の「ふじそば」を食してきました。

 

こちらのお店、私の周辺では、賛否が非常~~~に大きく分かれています。
否の人は「もう行きません」と、取りつく島もないその一方で、賛では、体壊すぞと心配になるほど通い詰める人も。これほど、評価のギャップが激しい店も珍しいです。
私は頻繁に伺うわけではありませんが、一度行くと、その後何回かは立て続けに伺っている自分がいます。恐るべし。

さて今回、平日の21時頃に伺いました。
入店時は5人待ちでしたが、しばらくすると10人待ちになり、店の外にも並び始めました。
この時間帯の男女比は7:3ぐらい。年齢層は2040代。休日の昼では、子どもが1割強います。これだけのガッツリコンセプトのお店で、女性と子供客が結構いるというのは面白いですね。
券売機で、「ふじそば」購入。
今までの探求の結果、並盛(
200g)・野菜増し・味濃いめ・麺固めが、私のベスト設定。
スタッフに注文して、しばしテーブル席で待ちます。
山盛りのドンブリが、ドンと出てきました。
この「野菜増し」のインパクトは相当なものです。初めてオーダーした際は、超山盛りのドンブリが運ばれてくるのを見て、「まさかあれは自分のじゃないよな」と思っていたら、自分の前に置かれて、衝撃を受けた覚えがあります。
モヤシとキャベツ(ほぼモヤシ)で盛り上げられた山頂に、刻み生タマネギが乗っており、漬けニンニクはテーブル席に配備してあるので、自分で好きな量を投入します。
(カウンター席では、乗せていいか提供時に訊かれます)
ということで、満を持して、まずはスープから。
うーん!醤油ダレが塩っぱいっ。このちょっとクセのある濃い醤油ダレと、たっぷり入った背脂の甘いようなニュアンスが、とっても良く合っています。
麺は、二郎系お馴染みの、ゴワゴワした縮れ太麺。固め設定なので、最初は芯の残った生ゆでのような噛み応えですが、食べ進めていくうちに、ベストコンディションを通過するので、そこを逃さず一気にカッ喰らうことをお勧めします。

2
手強い太麺に、塩っぱいスープがこってり絡み、更に山盛り野菜のザクザク感が加わった、なんとも挑発的な食べ応え。混然一体にモリモリ、ワシワシとかっ込み、噛んで噛んで噛み倒していくうちに、いつしか軽くランナーズ・ハイのような状態に陥っていきます。
味濃いめ設定では終盤クドくなってくるので、さすがに完汁はしませんが、スープにモヤシが数片漂うだけの状態になるまでは、いつもノンストップですね。
いやー、並盛でも十分お腹一杯です。あの山盛りを征服したと思うと、一層満足感があります。
美味しいというより、旨いというより、堪らない一杯、ご馳走様でした。

オープン一周年ということで、今回は静岡「ブッチャー」の個人的まとめでした。
こんなこと書いているうちに、また食べたくなってくるのは困ったものです。人を選ぶけど、中毒性高いなぁ。

(このラーメンは、2013年4月11日21時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」