高京 / ピロピロ食感の皮に包まれた肉入りワンタンが懐かしくも旨い!

高京 ワンタンメン slant
ワンタンメン 650円
醤油系

コッテリ:◎○○○○(淡い味わいのスタンダードな中華スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(柔らかくコシのある中細ストレート麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。肉入りワンタン、モモチャーシュー、メンマほか)
おすすめ:アッサリ,ジンワリ,中華,老舗,安い,ぶらり,軽呑み,駅近,出前,接待,友人同僚

「中華料理 高京」
住所:三島市泉町11−23
TEL:055−971−1125
営業時間:11:00〜20:00
休日:日曜
駐車場:なし
座席:カウンター8 テーブル4×1
URL:なし
最寄り駅:伊豆箱根鉄道 駿豆線 三島広小路駅

新店もいいけど、やっぱ老舗巡りもね!
というわけで、久しぶりに地元三島のお店に突撃してみました。

タウンページ上に載っているお店の中で、三島市は残すところ2つになりました。
そんな理由から、実は以前から何度かこのお店に突撃すべく、何度か来てみたものの、休みで振られる事が多かったんですよね。
そもそもやってるのかな・・?なんて思い、最近三島市もサポートし始めた、Google ストリートでこちらのお店を見て見ると、丁度中休みの時間に撮影されたようで、暖簾などは掛かっていなかったものの、入口の引き戸がビミョーに空いているのに気づきました。

もしかして、やってる!?

と僅かに開いた引き戸に希望を抱き、早速車を走らせてみました。

まあ記事にしているので実はやっていたというオチなんですが、
思えば、当初の食べ歩きは土日か夜しか行けてなかったので、後で営業日時を知って、なるほどこれじゃ当たらないよな・・と納得。

歴史を感じる外観と店内は、こぢんまりとしていましたが、年輩のご主人と恐らく奥様のお二人は、13時過ぎなのに出前に忙しそうな感じでした。
もちろん出前だけじゃなく、店内も近隣のご年配のお客さんが丁度立ち寄って一杯食べ終えた後のようで、お店の方と談笑しているところでした。

メニューは昔ながらの中華料理店らしく、麺メニューの他にも豊富に揃えられていました。
中でもラーメンは450円からと、今どきにしては安く、流石にそれを注文するのは憚れたので、ワンタンメンにしてみました。それでも650円という安さなんですが。。

高京 ワンタンメン top
カウンター越しでも手渡しできるのに、わざわざ厨房をまわって持ってきてくれた一杯。
これは心して食べなくてはいけませんね。

淡い醤油色に染まる澄んだスープは、ガラの味に淡い醤油ダレが絡み合う、シンプルで懐かしい味わいの中華スープ。
少し野性味ある匂いが残されており、コショウを振って食べる楽しみもありますね。

麺はストレート中細麺。
柔らかめの茹で加減ですが、しっかりとしたコシもあり、なにより後述するワンタンと風味や食感が似ているところが嬉しくなっちゃいます。

そして具材。
メインは肉入りのワンタンが5粒ほどに、柔らかく煮込まれたモモチャーシュー、細割きの甘く煮付けられたメンマに、ナルトとネギ。
ワンタンは皮がピロピロとした啜り心地に、滑らかな舌触りを持っており、肉なしでも旨そうな皮ですね。

恐らく出前がひっきりなし状態だったので、待たせるのを気遣ってか、サービスで野菜サラダを出してくれたのが嬉しかったです。
こういう心のこもったサービスってホント嬉しいですよね。

(このラーメンは、2013年4月17日13時30分頃に食べました)

高京

出前もやってるよ〜の「中華料理 高京」さん

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」