北道 / 富士に来たらまずはここの味噌ラーメン食べてらっしゃい!

北道 みそラーメン slant
みそラーメン 700円
札幌味噌系

コッテリ:◎◎◎○○(タップリのラードに熱々のスパイシー濃厚味噌スープが旨い!)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(熱々スープにも負けない、強いコシを持つ縮れ中細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。サイコロチャーシュー、メンマ、炒めたタマネギほか)
おすすめ:必食,コッテリ,オイリー,濃い味,人気店,ぶらり,駅近,友人同僚,禁煙

「札幌ラーメン 北道」
住所:富士市本町6−5
TEL:0545−63−6866
営業時間:11:30〜16:00
     17:30〜22:00
休日:水曜
駐車場:なし
座席:カウンター10
URL:なし
最寄り駅:JR東海 東海道本線 富士駅

静岡県下で純すみ系の味噌ラーメンが食べたくなったらココ!
の「北道」さんに突撃してみました。

店の前のコインパーキングに車を停め、車を降りた瞬間からショウガと油の匂いが立ちこめている、
お腹ペコペコ丸の僕の食欲中枢を刺激しまくる北道さん。。。罪なお店です、もう。。

カウンターのみの硬派な店内で食べられるラーメンは、看板メニューの味噌味のほか、塩と正油味がありますが、
それらにチャーシューを載せたメニューが3種類と、麺メニューを全部合わせても6種類と、これまた硬派な構成。

僕はここの塩が好きなんですが、この日は久しぶりだったので、久しぶりの味噌を注文してみました。

ちなみに、注文は待っていれば店主さんが聞いてくれるので、それまで待つのがこちらのお店のスタイルみたいです。

北道 みそラーメン top
見た目はシンプル。湯気も出てないし、ひょっとしてぬるい??

いやいやお客さん、甘く見てもらっちゃいけませんぜ。

ラードで多めのショウガとタマネギを炒め、そこに味噌ダレとスープを入れて作っていると想像する、札幌は純すみ系譲りの濃厚味噌スープ。
その為スープは超熱々なのに、表面からは一切湯気が登ってきませんが、それを忘れてズルズルっとスープを飲むと、間違いなくヤケドしちゃいます。

具材でもあるこのタマネギを炒めたショウガとラード、それに濃厚でスパイシーな味噌ダレ、そしてそれに負けないくらい味わい深いスープが渾然一体となったこの熱々スープは、慎重に一口飲めば、他に類の無い異次元の旨さに溢れています。

そう、このスープが飲みたかったんだ!!

そんな思いに駆られる最高のスープにいつまでも魅了されていてもイカンのです!
と言ったか言わないかは判りませんが、麺もこれまたいいんですよ。
この熱々スープに全く負けていない縮れた中細の玉子麺は、玉子麺らしく甘味を持っており、しかも強いコシがいつまでも続き、濃厚なスープを一層引き立てています。
札幌のラーメン店ではこの麺が当たり前!らしいのですが、なるほど、この濃厚スープあってこそ、この麺なんでしょうね。

んで、具材!
これもまたこれ以外無いんじゃ無いかという組み合わせ。
炒めて香ばしさと甘味を出したタマネギに、肉の味がしっかりと残るサイコロ大のロースチャーシュー、甘く煮付けられた細割きのメンマに白ネギをパラパラと。
特にこのコロチャーが濃厚スープに合っていて旨い!
肉自体もいい素材を使っているようで、その肉の旨味がちゃんと残っており、もちろん濃厚スープにも全然負けていません。

欺されているんじゃ無いかと言うくらい、本気で旨い味噌ラーメンですが、塩分摂取過多を心配して、スープを全部飲む代わりに、涙を飲みつつお店を後にしました。(ちょっと上手いこと言った)

ところで、お店にはお昼の部開店直後の11時30分過ぎに到着していたんですが、店内には1名お客さんが居るのみで、昔僕が突撃した頃もこんな感じだったかなぁ・・なんて思ったんです、入った直後は。
でも、食べ終えて出る頃には満席しかもその後もお客さんが来る来る!
いつのまに・・というと失礼ですが、既に人気店になっていたんですね〜

(このラーメンは、2013年4月16日12時頃に食べました)

北道

こう見えて実は満席状態の「札幌ラーメン 北道」さん

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 1件

  1. バリかた より:

    味噌チャーシュー、完食。濃厚スープと旨みタップリのチャーシューで、今日も幸せです。

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」