静岡伊勢丹「大京都展」に、京都の朝ラー老舗が出店 (4/10~4/15) ※実食追記

D1000091.JPG
(カメラを忘れて携帯で撮ったらボケボケに。また行ったら差し替えます)

京都の超有名老舗で、朝ラーのお店でもあります。実に気になります。
昨年の今頃も来静していましたが、年度替わりのドタバタで行けず、無念だったので、今年はなんとしても伺います。

伝統とモダンの競演 大京都展
8
階大催事場・プロモーションスペース
4
10日(水)~415日(月)
イートイン:1030分~19時 <最終日14時終了>



新福菜館(京都府立医大前)

提供メニュー
○中華そば(小)  630
○中華そば(並)  735
○チャーシューメン 945
○新福そば     945

富山ブラックのような真っ黒なスープだけど、味は昔ながらのアッサリ系とか。
どんなだろう。楽しみです。

****************************

4/10、早速伺ってきたので追記します。
中華そば(並)を頼みました。
真っ黒なスープで、非常に塩っぱそうな感じで登場。
具材は、薄めのチャーシューと刻み青ネギのみ、というシンプルなもの。
スープを啜ってみると、焙煎香を持ち、微かに苦味のある醤油ダレが前面で、優しく豚ダシの風味が漂います。
香ばしさが加わった昔ながら系という感じです。面白いですね~。
塩分はどちらかというと控えめに感じました。このスープの色は、何か醤油以外のものなのでしょうか。
麺は、ちょっと柔めの中太ストレート。昔ながら系としては太めな感じです。
箸で摘み上げると、色濃いスープがしっかりと絡んで、う~ん!堪らない。
啜ると、しっかりと風味が麺に乗っていて美味しいです。

全体的に優しくバランスを取ったアッサリ仕立て。このスープの香ばしさは何だろうと、何回もレンゲを繰っているうちに、完汁してしまいました。
確かに、これなら朝から食べられそうです。
私はこの味結構好きです。レトロなドンブリも。
近くに店があったら、間違いなく通います。
ご馳走様でした。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」