煌 静岡店 / 呑んだ後でも素面でも食べたい、濃厚魚介豚骨ラーメン登場!

煌 静岡店 煌中華そば slant
煌中華そば 750円
魚介豚骨系

コッテリ:◎◎◎○○(マイルドな豚骨に魚介をガツンと効かせた濃厚魚介豚骨スープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(モッチリ感とほのかな甘味がたまらない、ストレート中太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。柔らかいバラチャーシュー、メンマ、ネギほか)
おすすめ:必食,コッサリ,濃い味,華やか,チャーシュー,ぶらり,軽呑み,通し営業,深夜,駅近,接待,友人同僚,女性一人,バリアフリー,禁煙

「らーめん 煌 静岡店」
住所:静岡市葵区紺屋町1−13 清水屋ビル1階
TEL:054−272−4156
営業時間:11:00〜29:00
休日:無休
駐車場:なし
座席:カウンター15 テーブル4×3
URL:らーめん 煌
最寄り駅:JR東海 東海道本線 静岡駅

2013年3月14日オープンの新店。
こちらのお店は僕の膝元である東部出身のお店。
でも、名前は同じでも今度は著名店を渡り歩き、多くのお店の立ち上げに参加してなおかつ成功させてきた方がプロデュースするって事で、こりゃー行かなくっちゃ!ということで、少し遅くなりましたが、突撃してきました。

このお店の場所は以前はたろうずというフランチャイズ店が入っており、僕も静岡勤務時代は結構通ったお店で、なんとなく懐かしさを覚えるところなんですよね。

頭上の看板が不思議な色合いで静岡っぽくないところが逆に目立つなぁ、なんて思いながら店内に。

入ってすぐ右手に券売機が置かれ、メニューは東部の煌では見なかった中華そばやつけ麺のほか、お馴染みのアッサリスープを使っていると思われる、醤油と味噌、そして珍しいワサビを使った塩ラーメンがありました。
アッサリ系は東部の煌と同じだよなぁ・・と勝手に想像しつつ、初お目見えの「煌中華そば」の食券を購入してみました。

店内は以前のお店と変わらず、手前にテーブル席が、その奥に長〜いカウンターと、狭そうな厨房というレイアウト。
以前のお店も元気が良かったですが、こちらのお店でもその雰囲気は同じく、遠くからでもお客さんに大きな声で挨拶するところは気持ちがいいですね。

カウンターに座って調理の様子を眺めていると、他の煌同様に一杯ずつ小鍋で温めて作るスタイルは踏襲されており、特にこちらのお店ではその様子が見えやすいので、なんだかワクワクしてきます。

んで、ラーメン。

煌 静岡店 煌中華そば top
白い丼に茶濁した、いかにも濃厚そうなスープを、ちょっと使いづらい和スプーンで掬ってみました。

おぉ!旨い!!

マイルドで肉汁感溢れる濃厚なスープは、豚や鶏をじっくりと炊き出してとろみを帯びており、そこに魚粉や魚介出汁をガツンと効かせた、王道的な濃厚魚介豚骨スープ。
この手のスープは今でこそいろんなお店で食べられますが、こちらのは濃厚でワイルドな感じもあるのに、臭み無くより洗練された味わいに仕上げられており、しかもそれぞれが高バランスで折り重なっているため、なんだかホッとするおいしさがあります。
この日は少々塩辛く感じましたが、それが逆に食べ応えというか、グイグイと食べ進められる勢いがあって、引き込まれます。

麺はストレート中太麺。
水分量が多く、プリプリ・モッチリとした食感と、イキイキとした麺の風味が実にたまりません。
これは美味い麺ですね!
実はこの麺は、某有名店がこのお店のために打った特別なもので、それを知った上で食べてはいたものの、やっぱりここの麺はサイコーですね。
明かせないのが辛いくらいです。

具材は柔らかく煮込まれたバラチャーシュー、味付けメンマにナルト・大判の海苔にネギ。
特にこの柔らかチャーシューはスープとの相性が抜群ですね。
なんというか、それぞれの具材は見た目も味わいも普通といえばそうなのかもしれませんが、この麺とスープに乗っているからこそ光るというか、そのバランスがとても素晴らしいですね。

けっして新しい味ではありませんし、見た目の派手さもないけれど、だからこそ一口食べてみてそのハイレベルな味わいに驚きました。
煌 静岡店 塩
ちなみに、ワサビ入りの塩ラーメンの方も食べてみましたが、スープの印象は同じものの、こちらも麺が中華そばと同じ物を使っているので、ぶっちゃけ東部の煌よりも美味く感じちゃいました(^_^;)

静岡の街中で飲んだ際は是非!

(このラーメンは、2013年3月17日12時頃に食べました)

煌 静岡店

東部発のお店が初めて中部に進出!の「らーめん 煌」さん

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」