田ぶし 静岡店 / 他所の田ぶしに比べて豚骨スープが濃いんです!

田ぶし 静岡店 本家 田ぶし らーめん slant
本家 田ぶし らーめん 750円
魚介豚骨系

コッテリ:◎◎◎○○(素材が、ガスが違う濃厚魚介豚骨スープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(鰹節粉入りの自家製ストレート中太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。味付け穂先メンマ、柔らかバラチャーシューほか)
おすすめ:必食,コッサリ,オイリー,濃い味,上品,自家製麺,人気店,通し営業,深夜,ファミリー,デート,接待,友人同僚,女性一人,バリアフリー,禁煙

麺処 田ぶし 静岡店
住所:静岡市駿河区有東2−9−20
TEL:054−288−5600
営業時間:11:00〜23:00 (現在は夜早仕舞い)
休日:無休
駐車場:12台
座席:カウンター14 テーブル4×6
URL:麺処 田ぶし
最寄り駅:なし

2012年12月12日オープンの新店。
実は記事にはしていなかったものの、何度か突撃していましたが、やっぱり1本は記事にしなくっちゃ!
ということで、またまた突撃してみました。

お店は通称SBS通りと呼ばれる、近所に静岡放送局がある幹線道路沿いにあります。
東部の店舗に比べると若干小ぶりな感じで、特に駐車場が少ーし少ないかなぁという感じ。
店内は他の店舗同様に客席数が多めで、モダンな内装に活気のあるスタッフがお出迎え。

入り口入って目の前に券売機があるので、そこで食券を買ってスタッフに渡すスタイル。

東部の他のお店同様に、看板メニューの「本家 田ぶし らーめん」を筆頭に、同じ豚骨スープを使う醤油と味噌、それぞれのらーめんの他につけ麺に、静岡店だけの限定メニュー「特濃にぼとん」がありました。

どれも旨いんですが、僕はやっぱり看板メニューが一番好きなので、この日もいつもと変わらず「本家 田ぶし らーめん」を注文しました。

田ぶし 静岡店 本家 田ぶし らーめん top
これこれ!これだよね〜!と久しぶりに対面したこの一杯。
表面に浮く秘密ありまくりの魚介の香味油の下には、白濁した甘味のある豚骨スープ。
マイルドなコクのある豚骨スープに、ジワジワっと魚介出汁、そして香ばしさもある香味油のハーモニー。これがたまらんのですよ−。

しかもこの静岡店は聞いた話によれば、他の東部のお店と使っている業者が違うため、豚骨自体が違うのと、ガスの火力が強いというダブル効果で、旨味が凄く出ているんだそう。

確かにいわれてみれば、何度も通った東部のお店に比べて、より濃厚に感じますね。
あまりに濃すぎて一般受けしないんじゃ無いかという余計な心配もわかないわけではありませんが、いやいや田ぶし好きとしてはたまらん味わいなんですよね。

逆に言えば、各店微妙に違うところが、他の大型店と違う本物志向なんですよね。

んで、麺。
こちらは他所と同じく、鰹魚粉を練り込んだ自家製の中太ストレート麺。
これも言わずもがな、うんまい!

そして具材。
田ぶしのラーメンでスープと同じか、それ以上に好きなのが、この穂先メンマ。
少し強めに味付けされていますが、それが逆に食べ進めてちょっと味に飽きた頃に食べると、またパンチがあっていいんですよー

というわけで、オープン当初からもの凄い客入りらしい、こちらのお店。
ジャンルこそ魚介豚骨ですけど、飽きが来ない、また食べたくなるのが凄いところですよね。

・・・なんて書いてたら、また食べたくなっちゃいました(笑)

(このラーメンは、2013年2月25日14時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 1件

  1. すが子 より:

    かんりさん どーもです!
    田ぶしファンとしては「ちょい濃い目の出汁」と聞いて食さないわけにはいきませんネ・・・
    大食漢の私にとっては「大盛無料」の有無が気になるところです。
    また他の店舗より50円お高いのでしょうか・・・
    是非一度足を運びたいと思います!

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」