魂男(コンボイ) / 二郎が店主の個性でさらにパワーアップ!

魂男 強麺 豚 slant
強麺 豚 麺少な目 800円
二郎系

コッテリ:◎◎◎◎○(いつもよりも出汁感濃厚な豚骨醤油スープ)
麺の太さ:◆◆◆◆◆(まるで山梨ほうとうのような超極太幅広麺)
量の多さ:■■■■□(麺量多め。炒めもやしキャベツ、バラチャーシュー、キムチほか)
おすすめ:コッテリ,ガッツリ,ワイルド,オイリー,濃い味,限定,ぶらり,友人同僚,禁煙

「魂男 (バカ盛りラーメン タブー TABOO)」
住所:沼津市原1546−1
TEL:055−968−7575
営業時間:11:00〜14:00
     18:00〜23:00
休日:木曜
駐車場:あり (店前、店裏)
座席:カウンター7 座敷4×3
URL:なし
最寄り駅:JR東海 東海道本線 原駅

2月の20日に沼津のタブーさんで開催された「魂男」に行ってきました。
魂の男と書いて、コンボイって読みます。
てか、もう1ヶ月以上も前の話題ですね。。すみません。。

この日のために暖簾まで用意された、店主のガチをビシビシと感じるこのイベント。
開催前はFacebookなどでも少しずつ情報が公開されていましたが、いったいどんなラーメンが・・というかどんなイベントなのかも不明な、とてもミステリアスなまま当日お店に向かいました。

んが、開店する時間をすっかり間違えて向かってしまい、戻るほどの長い時間でもなかったので、裏の駐車場で1時間くらい昼寝ならぬ、夕方寝をかまして待っていました。

開店直前にむっくりと起き出してお店に向かってみると、見るからに二郎好きそうな方が既に行列をなしていました。

目印である牛の骨を持った店主がそれを店先に掲げて、いよいよ魂男のオープンです。

この日の魂男は普通の日と同じく、メニューは豚か鶏の2種類。
そういえば普通の日でも鶏をまだ食べたなかったなぁと思いつつ、この日も豚をチョイス。
で、弱者なんで麺少なめでオーダーを通してカウンターに座ります。

どんなラーメンが出来上がるのか、作業の様子を見ていると、普段は見られない、野菜を鍋で炒め手いるようでした。
中華料理屋さんのように、炒め油の匂いが店内に立ちこめます。

なるほど、二郎系というと、モヤシ・キャベツをボイルしたものが麺の上に積まれますが、考えてみればこれを炒めるっていうのもアリですよね。

流石二郎好きな店主さんだけあって、そのアイデアには驚きますね。

で、何食か先客のラーメンが作られた後、僕の一杯がやってきました。

魂男 強麺 豚 top
中華料理店でよくある、炒め野菜から立ち上る、油とオイスターソースの匂いが食欲をそそる一杯。

スープはいつも以上に背脂が浮かんでおり、ヘビーな濃厚さを予感させます。

油の層も結構多いんですが、下層のスープ自体もいつも以上に動物系の野性味ある旨味にあふれており、濃厚さに加えてトロミも帯びています。

麺もこれまたスペシャル仕様。
まるで山梨のほうとうのように超極太で幅広なストレート極太麺で、オーションを100%使用しているそうで、独特なモソモソとした食べ応えと、僕の軟弱なアゴでは疲れてしまうほどの強い堅さを持っています。

具材は、柔らかい巻きバラチャーシューに、炒めたモヤシキャベツ、キムチも好みでトッピング。
スープも麺も通常バージョンより味が強いんですが、それに負けないくらい、この「ヤサイ」もインパクト仕様になっていました。

この別暖簾「魂男」さんは、これからも継続して行われるそうなので、本物以上に二郎な一杯を食べたい方は、ぜひ。

(このラーメンは、2013年2月20日18時頃に食べました)
魂男

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」