静岡伊勢丹「冬の大北海道展」に、あの有名な旭川豚骨のお店が出店(1/8~15)※実食追記

1 しおらーめん 790円

ラの患者です。明けましておめでとうございます。
旭川の豚骨系ラーメンで全国的に有名な、あのお店がイベント出店です。
1988年創業。道内と関東中心に広くチェーン展開し、海外にも20店舗近く出店されているようです。セブンイレブンでもカップラーメンが定番商品化してますね。
私もカップラーメンを食べた事があるだけなので、伺うのがとても愉しみです。

冬の大北海道展
静岡伊勢丹8階・プロモーションスペース
平成25年1月8日(火)~15日(火)
イートイン:10:30~19:00(ラストオーダー終了30分前)
            最終日10:30~14:30



 ◆山頭火(旭川市)

提供メニュー:

・しおらーめん    790円
・みそらーめん    790円
・しょうゆらーめん  790円
 ・とろ肉ちゃーしゅー 950円 ※しお・みそ・しょうゆ 計30食限り

 「わかりやすく、飽きない」が基本コンセプトというこちらのラーメン。
ネットで調べてみると、九州豚骨をヒントにして編み出された、白濁したマイルドなコッサリ魚介豚骨スープということです。タラ等の魚介、豚骨、野菜ダシを別々に取って合わせているとか。麺はかんすい少なめの低加水中細縮麺。
カップラーメンは、優しく繊細な感じでしたが、実際の店舗ラーメンはどうでしょうか。

・・・・・・・・・・・

 1/10、実食したので追記します。
ベーシックな「しお」を頼みました。
小さめのドンブリで登場したのは意外でしたね。
アッサリ淡泊と聞いていましたが、ラードもしっかり表層を漂っていて、この辺はやはり北海道ラーメンという感じです。
具材は、チャーシュー、ナルト、シナチク、キクラゲ、刻みネギで、中央に小梅が鎮座。
あと、白ゴマがパラッと。
白濁スープを啜ってみると、ジンワリ優しい薄味の魚介豚骨ダシ。コクも塩分も強くありませんが、ラードを効かせてあるせいか、物足りなさはそれほど感じません。
麺は、パツパツした歯切れの低加水縮れ中細麺。噛むと、穀物のような独特な風味が漂います。主張控えめなこのスープだから引き立つ、淡い風味。妙に後引く不思議な魅力があって、スイスイ食べ進められます。
薄味で、感嘆詞付きで説明するようなタイプの美味しさではないので、賛否は結構大きく分かれそうな気がしますが、カップラーメンには無かった何かがあります。やはり、食べてみないと分からないものですね。

ご馳走様でした。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 1件

  1. ラの患者 より:

    1/10、実食追記しました。

コメントを投稿する

© 2005 - 2013 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」