麺処 田ぶし静岡店 / 旨味が濃い!「節系」が満を持して静岡市に登場!

1
本家田ぶしらーめん 700円(麺大盛 無料)
魚介豚骨系

コッテリ:◎◎◎○○(鰹香味油の効いた旨味の強い魚介豚骨スープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(やや太めのモッチリストレート麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通)
おすすめ:必食,コッサリ,オイリー,濃い味,華やか,上品,自家製麺,チャーシュー,人気店,モダン,通し営業,深夜,ファミリー,友人同僚,女性一人,禁煙
住所:静岡市駿河区有東2-212
TEL:不明
営業時間:11:00~23:00
休日:無休
駐車場:12台
座席:カウンター×14 テーブル4×6
URL:http://tabushi-m.jugem.jp/?eid=16
最寄り駅:なし

ラの患者です。
「節系」を標榜し、関東と県東部地域で7店舗を展開する「田ぶし」さんが、遂に中部に進出してきました。
私は恥ずかしながら、イベントで出店していた際に一度戴いたのみ。
リポートは遅れましたが、開店初日に伺ってきました。

 


早めのランチタイムでしたが、初日なので若干列びました。
券売機で、ウリの「本家田ぶしらーめん700円」を選んでカウンター席に着きます。麺大盛は無料ということで、それで頼みました。
待っている間にメニューを確認すると、静岡店限定の「にぼとんらーめん」というのがあって気になります。あと2、3回、基本の「田ぶしらーめん」を食したら、是非食してみたいです。

さて、しばらくして出てきたラーメンの表層は、たっぷりの魚粉で覆われて、一面褐色です。これは「鰹香味油」とのこと。
具材は、チャーシュー、半熟タマゴ、穂先メンマ、海苔、刻みネギ。
レンゲでスープを啜ってみると、素晴らしい魚介の香味がウワーッと広がります。魚粉のザラザラした舌触りはありますが、臭みもクドさもなく、ただその香ばしさと旨味のみを抽出したような至福の味わい。
また、魚粉一辺倒ではなく、背後の豚骨スープの美味しさもちゃんと分かるバランスになっているのも素晴らしいです。
他の魚介豚骨のお店と比べても、かなり旨味が強く、味の輪郭がしっかりした整った仕上がり。アッサリ派を除いた多くの方に支持されるのではないかと思います。
店の説明では、「鰹香味油」は鰹節と煮干とアゴから抽出し、豚骨スープそのものにも魚介を加えて炊き込んでいるとのこと。
旨いなーとスープばかり味わってしまって、しばし麺の存在を忘れていました。鰹香味油が少なくなってスープが白くなってきて、こりゃイカン、と我に返って麺を啜ります。
その麺。やや太めのストレートで、少しモッチリした食感。スープの吸い上げも適度でいい麺と思います。
麺の中に黒い点々が見えますが、これは魚粉を練り込んでいるということで、徐々にスープに溶け出して味わいが変わっていく、という狙いらしいです。私にはハッキリとした変化は分かりませんでしたが、この強い味わいのスープが、最後まで飽きずに飲めてしまうのは、そういう色々な工夫の結果なんでしょうね。
と、いうことで完汁。ごちそうさまでした。

この後3回伺って、同じ「田ぶしらーめん」を食べました。
全く味にブレがなく、いずれも美味しく戴きました。
こちらのお店は、私の行動圏にあるので頻繁に伺えて嬉しいですが、来る度にお客が増えてきている気がします。特にランチタイムは、時間に余裕を持って伺った方がよさそうです。
さて、次は「にぼとん」!

(このラーメンは、2012年12月12日12時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2012 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」