清見そば 本店 / リニューアル店舗で、久しぶりに癒されました


ラーメン 450円
中華そば系

コッテリ:◎◎◎○○(豚ガラ薫る和風醤油スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(平打ちストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通)
おすすめ:必食,ジンワリ,チャーシュー,自家製麺,人気店,老舗,安い,ぶらり,駅近,ファミリー,友人同僚
住所:静岡市駿河区南町1-6
TEL:054-285-0649
営業時間:10:45~14:30
     16:30~19:30
休日:木曜、第2日曜
駐車場:なし  ※周辺コインP   
座席:カウンター×6 テーブル4×7
URL:なし
最寄り駅:JR東海 東海道本線 静岡駅

ラの患者です。
店舗の建て替え工事のため、半年近く休業していた人気店、「清見そば本店」さんが、11/15にようやく再オープンしました。
待ってましたよ。


 

1940年創業の老舗。今まで、どれだけこのお店で癒されてきたことでしょう。
しかし、リポートするつもりで何遍伺っても、豚ガラスープのイイ感じに、「あぁ・・・」と没入して思考停止に陥り、碌にチェックできなくなってしまうんです。どうも私、「豚ガラ」ダシに相当弱いようで・・・。
今回は、再オープン状況の報告ということもあるので、何とか理性を保つよう努力して食したいと思います。(できるかなぁ)

さて、新しい店舗に入ってみると、何となく、以前と同じような感じでテーブルやテレビが配置されています。カウンター席ができて、奥の厨房も随分綺麗な感じになっていますが。
カウンター席に着いて「ラーメン大盛」を頼みましたが、オネーさんに「ごめんなさい、大盛は終わってしまいました。普通のラーメンならできます」と言われるのも以前と同じです。私も同様に、「それでは普通のラーメンで」と注文し直しました。(なぜか、いつも大盛は売れ切れなんですよね)
ついでに定休日と営業時間を訊くと、基本、以前と同じですが、夜の営業時間が10分だけ延びて19:30までとなったそうです。

頼んで3分くらいで出てきました。相変わらず早いです。
目の前に置かれたドンブリから、ふわぁ~と、久しぶりの豊かな豚の薫りが漂ってきます。おおぅ・・・!と、いきなり身を委ねてしまいたくなるところを、グッと堪えます。
具材は、チャーシュー、ナルト、シナチク、ノリ、刻み青ネギ。
レンゲが付かないので、ドンブリに直接口を付けて啜ってみると、豚の味わいがジンワリ豊かに広がる至福は健在です。うーん、やっぱり無理!しばし思考停止して堪能します。
(―しばらくお待ちください―)
―少しして我に返りました。では、集中して味わってみます。
このスープ、豚ガラダシが前面ですが、蕎麦ツユっぽいニュアンスもあるので、鰹ダシも使っているかと思います。飲み進めると口の周りがぬめってくるのはラードか。
最近、シャープな感じの旨いスープには比較的出会いますが、この「豊かな」としか表現しようがない豚の味わいを提供してくれるお店は、数少ないように思います。
麺は、平打ちのストレート細麺。この細い麺で平打ちっていうのは珍しいですね。
柔らかく腰のない感じは賛否があるかもしれませんが、実によくスープが絡んで薫るので、私はアリと思います。
シナチクの味付けも好きですが、特にチャーシューはモモ肉なのに、ふわっと柔らかい肉質で歯切れも良いです。噛めば噛むほど旨味がジワジワ出てきて旨い。
麺も具材も、スープとのバランスが取れていると思います。
色々な工夫が積み重ねられていても、作為を感じさせないところは永年営んできた歴史の価値で、こちらも心を解いて、安心して堪能することが出来ました。
ちなみに、伺うのが昼か夜かで、味の印象が異なるかもしれません。私は大抵、夜に伺うのですが、昼に伺った際、あまり豚の感じがせず、アレッと思ったことが数回ありました。夜の方が「豚感」は強く醸されるかも。(そういうお店、他にもあるので) 昼は昼で、アッサリした感じで美味しかったですけどね。
ぐいーっとドンブリを呷って完汁し、すっかり満足してお店を後にしました。
ご馳走様でした。

この450円という値段設定も含めて、昔ながら系という、一杯の世界を提供しているこちらのお店。再開してくれて嬉しい限りです。末永く、この癒しの一杯を守っていって欲しいです。

―今回は、何とかリポートできました。

(このラーメンは、2012年11月16日18時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 6件

  1. トミ より:

    旧静岡市の歴史有る老舗(桃花園等)は、鶏ガラを使用しない豚骨清湯が多い印象です。

    • ラの患者 より:

      ありがとうございます。
      私はアバウトに「豚ガラ」と書きましたが、正確には「豚骨」ということでしょうか。
      私が子どもの頃、親しんでいた近所(清水区)の中華店のラーメンも同じ豚の味わいでした。だから私はこのスープに弱いのかも。
      静岡市周辺のラーメン基層文化(大袈裟な言い方ですが)を確かめるため、「豚骨清湯」巡りをしてみたくなりました。
      桃花園の他にご存じでしたら、是非また教えてください。

  2. キャブ より:

    このお店
    このラーメンへの愛情を感じる文面ですね♪
    旨さも伝わってきますよ!
    今後の活動も頑張って下さぁ~い。

  3. 旧来からのラーメン屋だと両替町の桃華園、たぬき亭、一番館ですね。
    って全部元から桃華園じゃん(汗)

    • ラの患者 より:

      ありがとうございます。
      いずれも、何となく気にはなっていたけど、まだ伺ったことがないお店です。挑戦してみます。

コメントを投稿する

© 2005 - 2012 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」