麺屋 中川 東静岡店 / ようやく二郎系の提供が始まりました!


豚ラーメン 750円
二郎系

コッテリ:◎◎◎(甘味のあるコッテリ醤油スープ)
麺の太さ:◆◆◆◆◇(小麦粉が香るモスモスした食感のストレート太麺)
量の多さ:■■■■□(麺量普通、野菜たっぷり)
おすすめ:コッテリ,ガッツリ,オイリー,濃い味,自家製麺,チャーシュー,人気店,通し営業,深夜,友人同僚,女性一人,禁煙
住所:静岡市清水区長崎南町1-43
TEL:054-347-1678
営業時間:11:00~23:00
休日:無休
駐車場:約20台(店裏)
座席:カウンター×15 テーブル 4席×6
URL:http://menya-n.com/
最寄り駅:静岡鉄道 御門台駅

ラの患者です。
待ちに待った中川の二郎系、10月末から提供が始まりました。

店に入ると、以前には無かった、豚骨を煮出す際の独特な匂いが漂ってきます。二郎系を始めた影響かなーと思いつつ、券売機で「豚ラーメン750円」を選択。
券をスタッフに渡す際、「漬けニンニクと生ニンニク、両方乗せてよろしいですか」と訊かれたので、それでお願いしました。
カウンター席に着き、しばらくして出てきた豚ラーメンを見ると、盛り付けが結構大雑把。でもいいんです、二郎系ですから。
山盛りのモヤシとキャベツに、チャーシュー2枚が寄り掛かり、山頂に漬けニンニクと生ニンニクが鎮座。
スープには、かなりの量の背脂を投入しているようで、野菜の隙間にレンゲを押しつけて掬うと、トロっとしています。
啜ると、甘い背脂の味わいが強い。ベースは、濃いコクと塩っぱさを持つ攻撃的なスープで、飲み進めると喉がヒリヒリしてくるくらいですが、背脂の甘みとマイルドさが、全体を上手く調和させている感じです。
何というか、途中でレンゲを止められない、やばいスープです。
結構飲んでしまってから、ようやく麺に移ります。
麺はストレート太麺。啜る際はツルンとした舌触りですが、噛むと、若干モスモスした乾いたニュアンスがあります。二郎系に多い強力粉のゴワゴワ感というよりは、低加水麺の歯切れに近い感じ。そして噛めば噛むほど、素晴らしい小麦粉の風味が立ち上がってきます。このインパクトの強いスープに対抗して、ちゃんと粉の味が活きているというのは凄いです。私は、今まで出会ったことがないタイプの麺です。
ただ正直、この麺の乾いたニュアンスと、スープのコッテリ感が本当にマッチしているかどうかは、初見の私にはよく分かりませんでした。何回か食して、理解を深める必要がありそうです。
味を確認したら、後は麺と野菜をガツガツとカッ喰らいます。
ニンニクがスープに混ざると、更に味わいが強くなってイイ感じですが、全部混ぜてしまうと、さすがに味が濃くなり過ぎます。
それでも旨いですが。
スープ、お冷や、スープ、お冷やと交互に口にしながら、結局完汁してしまいました。最後まで、くどさは感じませんでした。
この背脂たっぷりスープを一気に飲み干させてしまう兇悪さは、間違いなく二郎系の魔力です。

実に危険なラーメン、ごちそう様でした。
今度伺う際は、特保のドリンク持ってこよう・・・

(このラーメンは、2012年11月2日22時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 4件

  1. 匿名 より:

    最近はめっきり残念なお店になってしまいました…。

    • ラの患者 より:

      私も2ヶ月ほど伺っていないので現状が分かりませんが、静岡市のラーメン界に、東部の強い風を吹かせてくれることを嘱望されていた一店です。頑張って欲しいところですが・・・ 今度私も久しぶりに行ってみます。

  2. 二郎系好き より:

    豚らーめんが始まったころは、正直しょっぱくて、もうたのめないと思ったけど、月日が経つにつれて、完成度が増してきました!沼津のタブーさんと、さほど味はかわらないと思います。まだ、しょっぱいなーと思ったら、味薄めで注文してみれば、いいと思います!あと、モヤシがシャキシャキで最高!タブーさんも麺は、中川製の麺使用なので同じです!

    • ラの患者 より:

      情報ありがとうございます。
      まじっすか。久しぶりに行ってみます。

コメントを投稿する

© 2005 - 2012 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」