【イベント】静岡伊勢丹「秋の大北海道展」第2弾に、北斗市の人気店が出店(11/6まで)※実食追記


伊勢丹のイベントに、函館ラーメン文化圏の北斗市にある人気店が特設出店します。
函館ラーメンと言えば、豚骨や鶏がらダシの、アッサリした塩、というイメージですが、この地域では珍しいカツオダシ前面のスープで仕掛け、支持を伸ばしてきているお店の模様。
さてさて、どんなラーメンが来静するのでしょうか。

静岡伊勢丹の大北海道展
10
31日(水)~116日(火) 8階大催事場・プロモーションスペース

イートイン 10:30 ~ 19:00
<最終日230分終了/ラストオーダー:各日終了30分前>

 

 ◆櫓屋(北斗市)

提供メニュー
○塩ラーメン        800円
○正油ラーメン       800円
○塩チャーシューメン    950円
○正油チャーシューメン   950円

本店では、カツオダシが強い、濃厚和風豚骨醤油ラーメン「櫓そば」がウリのようですが、イベント出店では「塩ラーメン」を看板メニューとして勝負するんですね。この塩ラーメンも、鶏がらスープにカツオダシを効かせているようです。
ネット上のレビューを見ると、堅めに茹で上げられた縮れ中細麺で、チャーシューの評価も高いです。
「櫓そば」も食べてみたかったですが・・・来ませんでしたね。
 

---------------------------

10/31、「塩ラーメン」を食べてきたので追記します。
出てきたラーメンは、美しい透明なスープで、背脂が若干浮いています。
啜ってみると、優しくもキレの良い鰹ダシがまず舌に乗ります。その後ジワジワと鶏がらダシの味わいも浮かび上がってきて、どちらも強すぎずバランスを保った重奏となっていて、丁度良いブレンド具合。アッサリしていながらも、整ったコクとキレがあり旨いです。同じ函館ラーメンの「あじさい」に似た印象です。店側の説明ですと、塩ダレに昆布を使っているようですが、その風味はよく分かりませんでした。
麺は、黄色が強く透明感のある縮れ中細麺で、プリプリの多加水。固めの茹で加減も良かったです。
チャーシューは、肉繊維の歯応えがしっかりした部分と、トロトロの脂層が両方愉しめ、これも結構美味しかったです。
食べ終わると唇がぬめった感じになり、脂の投入は結構多いように感じました。
アッサリ塩ですが、意外と食べ応えがあるラーメン。
ご馳走様でした。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2012 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」