山海人 / 駿河の旨味が染み渡る、魚介アッサリラーメン

山海人 山海人
山海人 600円
魚介系

コッテリ:◎○○○○(鯖や鰹などの魚介出汁が前に出たサッパリスープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(国産小麦を使用した昔懐かしい食感のウェーブ細麺)
量の多さ:■■□□□(麺量やや少なめ。鯵のつみれバーグ、メンマ仕立てののタケノコほか)
おすすめ:アッサリ,ジンワリ,上品,ぶらり,軽呑み,通し営業

富士山らーめん本舗 山海人
住所:沼津市千本港町124
TEL:不明
営業時間:11:30〜19:30(平日)
     11:30〜20:00(金土)
     11:00〜19:00(日)
休日:不明
駐車場:なし (近隣にコインパーキングあり)
座席:カウンター8 テーブル3×1
URL:麺工房
最寄り駅:なし

2012年5月オープンの新店。
何度かこちらのお店がオープンしたことを教えてもらっており、都度お店に駆けつけてみるとやっていなかったりして、なかなか突撃ままならなかったんですが、ようやく行ってきました。

数多くのお店が建ち並ぶ千本町の中にある、「潮さい市場」という施設の隣に、目指すお店はありました。

昔はこの界隈は今ほど県外客向けのお店も無く、それでも新鮮な魚料理をたくさん食べたいときには高いけど大きなハズレの無いこの付近を訪れていたんですが、最近は綺麗な施設が建ち並び、飲食店も沢山増えています。
以前は路駐でもOKで無料の駐車場もあったんですが、最近は有料駐車場が整備され、なかなか利用する機会も減っていたんですよね。

なんて思いながら、近隣のコインパーキングに車を停め、お店まで歩いて向かいます。

潮さい市場の入口に佇むお店は、カウンター主体のこぢんまりとしたもの。

メニューはとてもシンプルで、薀蓄書きによれば、鶏ガラをベースに野菜、鯖を中心とした数種類の魚介出汁をブレンドした「山海人」と、それの豚骨ベースの「くろふじ」の2種類。ちなみに写真を見る限り、豚骨は白湯系ではないようです。

今回は「山海人」を注文してみました。

山海人 top
屋台では無いお店ではとても珍しい、カップ丼にてラーメンは提供されます。

スープは薀蓄通り、鯖や鰹などの節系出汁が前に出た、厚みのあるクリアな味わいのアッサリ醤油スープ。
シンプルで懐かしい中華そば的な味わいですが、フレッシュ感や強い香りは無いものの、魚介の旨味が結構出ているので、漁港で食べるラーメンというイメージでしょうか。

麺はややウェーブしたストレート細麺。
若干透明感を帯びた水分量の多い麺は、柔らかめの歯応えで、スープ同様、これまたクラシカルな中華そばを思い起こさせます。

具材は、小ぶりの鯵つくねハンバーグに、ワカメ・白髪ネギ、メンマ風に味付けられたタケノコ。

丼代わりにカップを使ったラーメンということで、麺もスープもやや少ないのは、値段というよりも、他のお店でも食べ歩いて欲しい・・そんな狙いがあるのかな・・?
なんて思いながら、お店を後にしました〜

(このラーメンは、2012年10月12日12時頃に食べました)

山海人

ちょっと小腹空いたときに立ち寄りたい「富士山らーめん本舗 山海人」さん。

余談ですが、沼津港っていうと、この歌ですよね〜。

動画へのリンクはこちら(携帯からもご覧頂けます)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2012 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」