今月東部で開催中のベジポタコラボ、食べてきました!

ベジポタ対決 タイトル
今月の平日に、東部4軒のラーメン店で開催中の、「ベジポタコラボ」。
早い人は初日に全て食べ歩かれた方もいらっしゃるようですが、僕も頑張って食べてきましたので、レポートをお届けしたいと思います。

麺工房 海練 「ジェノバ」

麺工房 海練 「ジェノバ」
海練さんのベジポタは、ジェノバソースを使った、「ジェノバ」とストレートに名付けられたラーメン。
お店自慢の豚骨スープをベースに、ジェノバソースや野菜類をブレンドし、ドロンとした舌触りながらも、しっかりとバジルやジャガイモなどの根野菜のザラザラとした風味が感じられる、海練さんらしい力強いスープ。
非常に濃厚でコッテリとした味わいなんですが、野菜類がメインのためか、ヘビーな飲み応えなのにしつこさをそれ程感じないところが、洗練されていますよね。
スープ自体は甘味とザラザラ感、ほのかな豚骨風味に包まれた感じなんですが、徐々にトマトソースが溶け出し、うっすらとトマトの酸味と旨味が染み出してきます。

麺はレギュラーメニューに同じく、細打ちの自家製ストレート麺。
パツンとした歯切れのいい食感で、ドロドロのスープをしっかりと吸い上げてきます。

具材は、ダイスカットのチーズ、水菜、蒸した鶏のチャーシュー。

そしてポイントは、丼の縁に刺さったレモン。
あえて取り置き用の小皿を用意しないところからも、このレモンを手で絞って果汁をスープに和え、ついでに搾ったレモン自体もスープにそのままインします。
すると飲み進めるほどに時折レモンの果肉が含まれ、これがフレッシュで爽やかな酸味とジューシーさをスープに加えてくれます。
レモンの果肉とジェノバスープ。これがユニークで素晴らしい味覚のハーモニーを奏で上げてくれます。実に美味い!!

トマトンコツに始まったベジラーメンですが、この「ジェノバ」は今までで一番美味いベジラーメンだなぁと、とっても驚きました。

住所:三島市玉川489−1
営業時間:11:30〜14:30
     17:30〜21:00
定休日:水曜、第2・4火曜
URL:麺工房 海練

ラーメン ろたす 「ベジそば」

ラーメン ろたす 「ベジそば」
ろたすさんのベジポタは、これまたストレートなネーミングの「ベジそば」。
鶏白湯をベースに、お米や野菜類でとろみと甘味を引き出しつつ、ビシっと醤油ダレで締め上げた、鶏白湯野菜スープ。
一口目はその濃厚な旨さに驚くと共に、頭の中で「あ!天一だ!」と軽く笑いも取ってきた味わいは、ろたすらしい本当に深く優しい味わいに仕上がっていました。
いろいろなベジポタを食べてきましたが、いずれも「重い」のがベジポタの弱点かな・・と思っていましたが、このスープは極力重くならずにベジポタらしさを演出しつつ、少し強めに効かせたタレでグイグイと食べさせ、それでいてちゃんとろたすっぽい優しい味わいに仕上がってるところが凄いですね。

麺はストレートの中細麺。
モッチリとした食感がトロミあるスープと絶妙にマッチしており、噛みしめるほどに旨味が増していくところがたまりません!

具材は、ダイスカットしたトマトやセロリなど、多数の野菜類をたっぷりとトッピング。
ひき肉や水菜、コーンなどと相まって、食べ進めるほどにそれら具材がスープに溶け込み、スープを飲むというよりも、噛む、という感じに近く、これがまた味と食感の両方で美味しさを演出していました。
そんなところも計算されている風で、親しみやすい味わいながら、レベルの高さをひしひしと感じさせます。

好み的には今回の4店舗の中で、この「ベジそば」が一番好きでした。
バランスのいい仕上がりはもう一度食べたい・・と胸に深く刺さる、とても完成度の高い仕上がりでした。

住所:駿東郡清水町徳倉1881−1
営業時間:11:30〜14:30
     17:30〜21:30
定休日:木曜、第4火曜
URL:ラーメン ろたす

進化形拉麺 一匹の鯨 「かぼちゃのベジポタ 小悪魔風」

進化形拉麺 一匹の鯨 「かぼちゃのベジポタ 小悪魔風」
このコラボイベントのプロデューサーでもある、Kさんがルーツの一匹の鯨さんでは、「かぼちゃのベジポタ 小悪魔風」という一杯が提供されています。
名前からも、色合いからも想像できるように、カボチャをふんだんに使った一杯は、他店に比べて際立って「ベジポタ」しており、しかも最近カップ麺でも見掛ける、「どろ系」でもある一杯。
ソースパスタの雰囲気に近いスープは、とても粘性が高く、それ自体を「飲む」というよりは、絡んだスープや具材のおまけとして存在しているよう。
カボチャの甘味を残しつつも、旨味や塩気、スパイシーさや酸味など、あらゆる味わいが詰め込まれており、まさに「どろ系」と名付けるにふさわしい感じでした。

麺はこれまたパスタのようにほどよくウェーブした、平打ちのストレート麺。
程よいコシを持った麺は平打ちだけに、ドロドロのスープをとてもよく絡めてきます。

具材は、ダイスカットしたニンジン・茄子などの野菜類とチャーシュー、別皿でチーズと白菜キムチ、半熟の味付け玉子が提供されます。
僕は途中からこれらの具材をどんぶりにインして、まぜまぜして食べましたが、嫌いじゃ無ければ最初から全て入れて、しっかりと混ぜ合わせて食べる方がいいかもしれませんね。

ドロッドロでジャンクな味わいの一杯は、好みが分かれそうだな・・と思いましたが、鯨らしいとてもユニークな一杯でした。

住所:伊豆の国市南條184−2
営業時間:11:30〜14:00(平日)
     18:00〜21:30(平日)
     11:30〜14:30(土日祝)
     17:00〜21:30(土日祝)
定休日:無休
URL:進化形拉麺 一匹の鯨

めんりすと 「べじたぼ〜!」

めんりすと 「べじたぼ〜!」

素材を活かした淡いスープがどことなくフレンチの味わいを感じさせるめんりすとさんは、遊び心ある「べじたぼ〜!」というネーミングでエントリー。
真っ白いスープはサッパリとした鶏白湯をベースに、ザラっとしたジャガイモをブレンドした、ジャガジャガで軽やかな味わいのスープ。
お店の特徴として、どのラーメンも一口目こそ淡く薄味に感じますが、食べす進めるに従って徐々にジワジワと、奥深い旨さが増していくところがめんりすと流。
この一杯もそんな雰囲気をしっかりと踏襲しており、鶏白湯とジャガイモ双方が醸し出す柔らかい甘味が優しい気持ちにさせてくれます。
見た目梅干しかな?と思った赤いまあるい玉も、実はトマト凍らせた、アイストマトという珍しいトッピング。
これが徐々にスープの熱を奪い、溶け出して、トマトの青々とした風味と酸味がスープに染み出していきます。

麺はこのメニューだけの、中細のストレート麺。
ちょっと太めの麺は、奥深い味わいを持ったスープとの相性もいい感じですね。

具材は炙り叉焼にまいたけ、2種類のネギなど。

ラーメンっぽさも感じさせつつ、どことなくフレンチポタージュっぽさも演出するところは、さすがめんりすとさんだなぁ・・と安心させる一杯でした。

住所:三島市梅名108−2
営業時間:11:30〜14:30
     18:00〜21:00(平日)
     17:30〜21:00(土日祝)
定休日:火曜
URL:めんりすと

4軒コンプリートすると・・・

さてさて4軒食べてご紹介してみましたが、皆さんはどの一杯がお気に入りでしたか?
今回は各店が他のお店のレギュラーメニューで使われている、スープや麺・具材などを取り入れた、隠れた楽しみもあったりして、そんなところを探るのもいいかもしれませんね。
平日限定と、ちょっぴりハードルが高めのベジポタコラボですが、お店に聞くところによれば、すでに4軒コンプリートされたお客さんも結構多いようです。
ちなみに、4軒コンプリートすると、各店のロゴ入りTシャツがもれなく貰えるそうで、僕もエントリーしてみました。
ベジポタコンプリート
それぞれのお店の個性が詰まった「ベジポタラーメン」。
是非皆さんも、コンプリートを目指してみて下さいね!

ベジポタコラボイベントの詳細については、こちらをご覧下さい。
ベジポタコラボ バナー

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. けいぞう より:

    かなりさん、“めんりすと”さんの表題が入っていませんよW
    自分のコメは削除してもイイので入れてあげてください。

コメントを投稿する

© 2005 - 2012 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」