【イベント】松坂屋静岡店「秋の大北海道展」に、函館ラーメンの名店が特設出店(10/2まで)※実食追記

 

松坂屋静岡店「秋の大北海道展」第一弾に、函館ラーメン代表格の老舗が出店します。

静岡店開店80周年記念 「秋の大北道展
【第一弾】926日(水)~102日(火)
本館8階大催事場
 イートイン 10:30~18:30 (ラストオーダー30分前)
※10
2日(火)は15:30閉店

 



◆函館麺厨房あじさい(函館)
メニュー
○洋野菜の塩冷麺 1000(各日50) ※イベント限定
○塩ラーメン    850
○醤油ラーメン   850
○味彩極拉麺 塩  900円(昆布ダシ、背脂)
○味彩極拉麺 醤油 900円(かつおダシ 、背脂
○味彩極拉麺 黒  900円(いか墨 、背脂
○トッピング ワンタン  100
○トッピング 煮玉子   100

こちら、函館塩ラーメンを全国ブランドまで牽引したといわれる実力店です。
珍しい昆布ベースのスープで、麺は多加水のストレート細麺
私は2ヶ月程前、北海道で基本の「塩ラーメン」を食してきましたが、色々なダシが混然一体となって深いコクが広がる、とても美味しいスープでした。
麺も固めに茹でられていてプリプリ。
卓上の「蝦夷油胡椒」と「蝦夷ラー油」を垂らすとガラッと味が変わって結構イイということですが、北海道で食べた際は知らなかったので、今回、置いてあれば是非試してみたいです。
具材も隙なく美味しかったので、イベント限定の「洋野菜の塩冷麺」も期待してしまいます。
愉しみですね。

※参考 北海道リポート

9/26、「塩ラーメン」を食してきたので追記します。
スープは昆布の風味を最も感じますが、全体的には
ブイヨンのようなニュアンスで、 様々なダシのバランスがとれ、旨味がぐうーんと迫ってきます。アッサリしながらもちゃんとボディもあるとても美味しいスープです。今回は、生姜の風味は全く感じませんでした。
卓上に「蝦夷油胡椒」と「蝦夷ラー油」もあったので、試してみました。双方とも、貝柱、昆布、鮭とば、エシャレット、アーモンド等々、色々な具材が入っています。レンゲに掬ったスープに垂らして啜ってみると、スープの旨味は損なわずコクとパンチが加わり、結構いい感じ。個人的には、ラー油の方が、スープにマッチして美味しいと思いました。
そんなことやっているうちに、完汁してしまいました。

ご馳走様でした。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2012 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」