麺屋三郎 / メニューは油そばのみ!シンプルで硬派な油そば専門店

三郎 油そば
油そば 並盛り 700円
和えそば系

コッテリ:◎◎◎○○(油と甘い醤油ダレのみのシンプルな味わい)
麺の太さ:◆◆◆◆◇(プリプリ食感が心地いい縮れ太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔)
おすすめ:アッテリ,ガッツリ,オイリー,濃い味,ファミリー,デート,友人同僚,女性一人,バリアフリー,禁煙

住所:浜松市東区有玉西町1069−2
TEL:不明
営業時間:11:30〜14:30
     17:00〜21:00
休日:金曜、木曜夜
駐車場:あり 店前
座席:カウンター7
URL:油そば専門店 東京発 麺屋三郎
最寄り駅:なし

2012年4月29日オープンの新店。
次々と新店がオープンする浜松市に、今度は油そばの専門店がオープンしたそうです。
静岡県下ではチェーン店も含めると、油そば専門店は2軒目になるでしょうか。
そんなお味なのか、早速突撃して来ました。

お店の場所は以前も拘りのラーメン店だったところ。
山奥って程ではありませんが、目の前は大きな川が流れる比較的建物が少ない土地柄に感じました。

長屋テナントの一角にあるこちらのお店は、その目の前に共用の駐車場が沢山あるので、停めるのにも困ることはなさそう。

以前のラーメン店の面影は殆ど無く、真っ白い外観に真っ白い暖簾はフレッシュな感じがしますね。

ほぼ居抜きではあるものの、以前のウッディな雰囲気とは代わり、外観同様白い壁が映え、カウンターのみのシンプルな店内。

入口直ぐ右手に券売機があり、見ると看板メニューの「油そば」が麺の量に応じて数種類と、トッピングが数種類のサッパリとシンプルなメニュー構成。ラーメンすら無いのはある意味潔く感じます。

というわけで、注文は選ぶことも無く「油そば」を並盛りで。

こちらのお店も太麺を使用しているようで、茹で時間はそれなりに掛かります。

油そばが提供されたら麺が熱いうちに、下に沈む油とタレを麺と共にまぜまぜします。

ひとしきり混ぜ合わせたら、豪快に啜っちゃいましょう!

結構アブラっぽいかな・・と混ぜているうちは想像しましたが、食べてみると確かにトロンとアブラっぽさはあるものの、植物油がメインなのか全然しつこくなく、くどいものが苦手な方でも食べられそうなくらいのオイリー感
タレは甘さが前に出た、うっすら香る醤油ダレ
カウンター目の前には食べ方指南のポップが貼られているんですが、そこには油そばが提供されたら混ぜる前に最初にお酢とラー油を好みの量投入してから、混ぜ合わせて下さい、的なことが書かれています。
僕はあえて何も入れない状態から混ぜて食べ始めましたが、やはりこのままだとかなりシンプルな味わいなので、途中からお酢とラー油を少し入れてみました。

甘さが前に出た醤油ダレも、お酢とラー油を入れることにより、酸味がプラスされるだけじゃなく、甘味自体もキリッとシャープになり、ラー油も辛さと共に香りも出てきますから、ノーマルに比べると随分華やかな感じに。

麺は硬めに茹で上げられた、縮れ太麺。
プリプリとした食感がいい感じです。

具材は赤身のみのサッパリとしたチャーシューに、水煮のメンマ、ネギ、海苔。

自分の好みで酸味と辛味を調節して食べるのが、油そばの楽しいところなんだなぁ・・と考えさせられた一杯でした。

(このラーメンは、2012年5月14日14時頃に食べました)

三郎

メニューは油そばのみ!硬派な「麺屋三郎」さん。

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2012 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」