沼津とんこつ 郷里 〜ごり〜 / 甘味のある豚骨スープが旨い!


郷里ラーメン 820円
豚骨系

コッテリ:◎◎◎◎○(コッテリ感と甘味とコクが溢れ出す、濃厚豚骨魚介スープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(軽くウェーブしたストレート中太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。バラ軟骨の煮豚、茹でモヤシ、半熟玉子ほか)
おすすめ:コッテリ,ジンワリ,ワイルド,オイリー,濃い味,ファミリー,デート,友人同僚,女性一人,禁煙

住所:沼津市岡宮1266−31
TEL:055−941−9870
営業時間:11:30〜14:30
     18:00〜23:00(平日・日曜)
     18:00〜25:00(金土祝前日)
休日:月曜
駐車場:11
座席:カウンター6 テーブルあり
URL:なし
最寄り駅:なし

2012年2月下旬オープンの新店。

放送開始からもうすぐ1年を迎えるしずめん!TVですが、この番組ではメインのコーナーとは別に、しずめん!ブログに関する情報として、新店情報とアクセスランキング1位のお店をご紹介しています。
で、情報コーナーは本編収録とは別の日に、声だけを収録しているんですが、その収録後の打ち合わせで、とあるフリーペーパーを見せて貰いました。
その中で紹介されていたのがこちらのお店。「沼津とんこつ 郷里」さんです。「ごり」って読むそうです。

そう言えば・・オープン直後くらいに知人からタレコミがありました。。すっかり忘れていた今日この頃です。。(^^;)

こちらのお店は以前は中華料理店だったところ。
話が前後してしまいますが、こちらのお店もその頃のお店も、ラーメンに乗るお肉に力が入っているのは何かの偶然でしょうか?

手書きでラーメンや黒い豚の絵が描かれた外観は、どことなく同じインター沿いの鬼が島や牛繁に似てるなぁと思ったら、後で調べたら同じ会社が経営しているよう。

店内も以前のレイアウトを忘れてしまったのでうる覚えですが、レイアウトそのものは変わっていないようですが、カウンター席の奥にはデカイ凝った絵が描かれていて、一杯のラーメンがどんな素材を使って出来ているのか、楽しく解説されていました。

注文は食券方式。
お店を入って直ぐ目の前に食券機が置かれており、メニューは何種類かあったと思いますが、入る前からコレ!と決めていたメニューがあったので、それだけを目当てに探し出します。
それは屋号の付いた「郷里ラーメン」。

事前にフリーペーパーで見た情報では、これにはココだけでしか食べられない「富士金華」豚が使われているそうで、これを食べない手は無いですよね。

で、ほどなくして配膳されたのがこちら。

フリーペーパーで見たラーメンとは見た目がだいぶ違うのはご愛敬として(笑)、たっぷり浮かんだ動物油に乳白色のスープは、見るからにコッテリスープを予感させます。

甘い香りが鼻をくすぐるそのスープは、丁寧にじっくりと炊き出した感じの濃厚な豚骨スープ
魚介も使っているそうですがその風味はあまり感じられず、ジンワリとした塩の旨味にがっしりと力強い豚骨の風味が折り重なる、シンプルな雰囲気を持つ味わい。
オイリーでコッテリとはしているものの、流行りのとろみやドロドロ感のあるスープではなく、とにかく豚骨の旨味をじっくりと丁寧に炊き出したのが心地よい感じですね。なんか好きかも、この味。

麺はややウェーブがかったストレート中太麺。
水分量が多いために、モチモチとした食感とツルツルとした麺肌を持っていました。

そして具材。
目玉の富士金華の豚バラの軟骨を8時間ほど煮込んだという、まさに肉の塊は、箸で掴んだだけでホロホロと崩れるくらいの柔らかさ。
軟骨も完全に煮込まれており、固いゼリーのような、ネットリとした食感がありました。
味付けが比較的濃い目に仕上げられているため、なかなか肉の旨味を感じることは出来ませんでしたが、もし普通のチャーシューも同じ富士金華を使っているのであれば、そちらも食べてみたいですね。
他の具材は、茹で上げたモヤシに青ネギ、半熟玉子に大判の海苔、水煮のメンマ。

割とそつなく纏まっていて、特にスープは旨かったんですけど、お昼だけの営業ってのがなんかちょっと勿体ないなぁ・・と思いつつ、お店を後にしました〜

(このラーメンは、2012年3月23日12時頃に食べました)

ついつい引き込まれてしまう外観の「沼津とんこつ 郷里 〜ごり〜」さん

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2012 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」